1900年前の生活を追体験できる世界遺産

 

 

 

 

■撮影時期
2010年8月

■撮影場所

イタリア・ポンペイ

■おすすめポイント
ヴェスヴィオ火山の大噴火で灰の下に埋もれてしまった町、ポンペイ。
一瞬にして消え去った悲劇の街としてあまりにも有名な世界遺産です。
時の止まったこの街で、当時のローマ人の文明生活を知ることができます。

ナポリから落書きだらけの電車に乗って約40分。
ポンペイ・スカーヴィ・ヴィッラ・デイ・ミステリ駅(名前が長いですね)に到着すると、すぐにポンペイ遺跡へと行くことが出来ます。
遺跡に入ると、一瞬でローマの時代にタイムスリップしたかのような感覚になります。
それほど、当時の姿があちこちに残されています。
神殿、公共広場、浴場、パン屋さん、劇場など、古代生活がわかる遺跡が数多くあり、1900年前の生活を追体験できる場所です。

ローマ人気分でポンペイの街を歩くと、何気ない風景も目に留まり、発見もあります。
ロマンが漂う街、ポンペイ。一瞬にしてなくなっても、訪れた人の心には、ずっと生き続ける街です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。