青い海と古代ローマの歴史が残る美しい街

 

 

 

 

■撮影時期
2010年8月

■撮影場所

イタリア・ナポリ

■おすすめポイント

かつては漁村だったサンタ・ルチア地区。
カンツォーネの「サンタルチア」は、学生の頃、音楽の時間に習うので有名ですね。
1848年に謳われたものだそうです。

この日は、朝からブラブラとナポリ市内を観光していました。
サンタルチアは、大きな大きな港だけあって、沢山の船が停泊していて賑わっています。
世界的にも有名な「ナポリを見て死ね」という言葉ができるほど、青い空と青い海が映える街並みです。
ナポリは治安が悪いとよく言われますし、街を歩いていると治安の悪さを感じることは多々ありましたが、サンタルチア周辺は穏やかな空気が流れ治安の悪さはあまり感じられませんでした。

サンタルチアの海岸沿いには、立派なホテルが立ち並び、広い公園が続いています。
公園を通って歩きましたが、滑り台で子連れの家族が遊んでいたり、カップルがベンチでおしゃべりをしていたりと、のんびりと過ごしている様子でした。

サンタルチアの青い海と古代ローマの歴史が残る美しい街並み。
この素晴らしい景色が、この先もずっとずっと残っていることを願います。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。