保険対応になった私のスーツケース破損

 

 

スーツケース破損はよくあることですが、飛行機の航空会社によって対応が違います。
今回は保険対応になりました。

■日付
2013年夏

■場所

NYから成田

■状況
スーツケースの部品の欠損

■受けたサービスと支払い内容
現在、保険請求中なのですが

■事の経緯

アメリカから帰ってきて成田で手荷物を受け取る。
  1. 自分でスーツケースチェック(空港内で必ずします)
  2. スーツケースの破損発見!
  3. すぐに、航空機職員に連絡。
  4. その場で、破損の証明書を書いてもらう。
  5. 家に帰ってから、保険会社に連絡
  6. 保険会社から書類が送られてくる。
  7. 保険に関する書類を書いて送る。
  8. スーツケースを修理もしくは保険金を受け取るかを選択。

修理でも、うまく治らない場合は、現金返却の保障してくれます。

■スーツケースの修理について
2つの方法があり
  1. 自分で業者をさがして修理して、まず業者の見積もりを取り
    修理にかかった金額を保険会社に請求。
    (ブランドものとかであれば、そっちのメーカーの方がいいですよね)
  2. 保険会社と契約の修理会社にお願いする。
(スーツケースを保険会社指定の店に送り、修理してもらう)

保険会社の指定店の方が、写真を撮ったりの手間が省けます。

その後、修理完了すれば、スーツケースが保険会社から帰ってきて、
修理代金は請求されない。

今回は、いろいろ保険会社の事を調べたのですが
物品の保険って契約に入ってない場合があるようです。

保険会社によって、保険の内容が違うようです。
今回は30万までの物損の保険に入ってました。
スーツケース事故は2度目です。一番起りやすい事故だと思います。

そして航空会社の規定では、スーツケースの
突起物の破損に対する保障はしないようですので
気を付けた方がいいですね。

スーツケースは去年買ったばかり。
レシートはなかったのですが、販売店で値段を聞けば
購入価格を教えてくれたので、その価格を保険会社に提出しました。
(販売店に書いてもらいました)

保険は手続きがいろいろややこしかったですが
飛行機降りてすぐの荷物受け取りで
破損に気づいて対応したので、よかったです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。