効果抜群!子育て支援センターの方のアドバイス

私も子供のイヤイヤ期には困りました。特に外出時、ベビーカーに乗らずに歩きたがり、
でも前に進まず大人なら5分の距離を30分以上かかり、近所への外出もままなりませんでした。
そんな時、自治体の子育て支援センターの方のアドバイスが非常に参考になったのでご紹介します。

「帰ったら○○」は分かりにくい

私がそれまでに良く言っていたのは、「帰ったらおやつを食べよう、だから歩いて」という物でしたが、子供は「うん」と言いながらも歩いてくれませんでした。
子供には「帰ったら」という時間の感覚がまだないので想像しづらいとの事。
それよりも目の前の1ブロック先の事を言うと分かりやすいとの事でした。

例えば「この前あそこにワンちゃんがいたよね、今日もいるか見てみよう。」とか、
「あそこにお花が咲いていたね、何色だったか見てみよう。」等です。
単純な事ですが、息子には効果がてきめんで、嘘のように前に進んでくれました。

「交換条件」はダメ

そしてもう一つ、目から鱗だったのは、「今お菓子あげるからママの言う事を聞いて」という
「交換条件」はダメだと言う事でした。交換条件を出すのはママには楽なのですが、
子供はいつまでも交換条件を要求し続けるようになります。
交換条件ではなく、帰宅後に「今日は良く頑張ったからおやつにしようね。」とか、
「良くお約束が守れたね」という「ご褒美」としてお菓子を与えるのが良いそうです。

ママの気分、子供の気分によってはこうする事が難しい事もありますが、出来る範囲で続けて行く事が大切だと思います。お蔭で我が家は外出時にお菓子を持参した事は殆どありません。お菓子は家でのご褒美ですから。

私は子供のイヤイヤが始まると、つい「この時間が勿体ない」と考えてしまっていたのですが、
そこで10分、30分何も出来ない状況になっても、冷静に考えれば案外困らない物です。

息子ももう8歳と5歳。2歳の頃が懐かしいです……。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。