大事にしたい筆記具を収納するケース

 

 

■必要なアイテム
窓付き木箱、茶色のカラーフエルト

■おすすめポイント

最近、文房具のなかでもちょっと高級な文房具が話題を呼んでいます。
ノートも紙を上質にしたリッチなものや、お洒落なシャープペンシル、ボールペンも注目され、
さらには万年筆も雑誌で特集されていたりします。
中には万年筆を付録につける雑誌も登場しています!

そこで、そんな大事にしたい筆記具を収納するケースを見繕いました。

使ったのは、Seriaのレトロ・アンティークなコーナーにあった
窓付き木箱と茶色のカラーフエルトです。

 

 

お気に入りの万年筆を一本ずつ収納したかったので、
緩衝材としてのフエルトを折り丸めてひだ状にしました!
ひだの形を変えればいろんな文房具が収納できると思います!

フエルトは60cm×60cmのものを半分(30cm×60cm)に切り、
箱の寸法に合わせて折って詰めました。

木箱のケースは塗装したりニスを塗ったりしても、味が出るだけでなく、
外装が丈夫になるのでオススメです。

Seria
HP:www.seria-group.com/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。