絵を追いかけるだけでも楽しめる絵本

 

 

ドイツ語は本当に簡単なあいさつ程度しか知らないので、文章を読むのは夢のまた夢です。
ところが、旅行に行くとついつい買ってしまうのが、絵本です。絵柄をたどっていくとある程度のストーリーは推測できますが、基本的に書いてある内容は全く読めないので、ほぼ100%見た目が購入の決め手です。
日本の絵本も素敵なものがたくさんありますが、色使いや装丁のデザイン、お話のネタが目新しく、絵を追いかけるだけでも楽しめます。

ドイツ語は、学生時代に習おうとしたものの、結局挫折してしまっていたのですが、最近また興味が出てきました。そうなると、せっかく気に入った絵本なので、眺めているだけではモッタイナイ気もします。「○△の秋」に合わせて、気に入りの絵本でドイツ語に再挑戦をしてみたいところです。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。