多くの芸術家を魅了した、心が癒されるスポット

 

 

 

 

■スポット名
ハムステッド・ヒース(Hampstead Heath)

■おすすめポイント
ロンドン北部に位置する、高級住宅街のあるハムステッド。そこの駅からほどなく歩くと、大きく開けた、緑でいっぱいの場所があります。ハムステッド・ヒースは起伏にとんだ丘陵地で、今も原生林が残る素敵な場所です。

その自然美にひかれて訪れた芸術家などは数知れず、詩人キーツ(ハムステッドにある「キーツの家」も観光名所)をはじめ、カール・マルクス、そして日本からは英国に滞在していた夏目漱石も度々訪れていたと言います。原生林は場所によっては昼間も少しくらいのですが、日中の木漏れ日の中を歩くと心が癒され、日常の喧騒を忘れることができます。

ハムステッド・ヒースに行ったらぜひ行ってほしいポイントがあります。それはロンドン市街が一望できるParliament Hill(パーラメント・ヒル)別名、Kite Hill(カイト・ヒル)と呼ばれる丘です。遠くにロンドンの象徴的な建物が並び、改めてロンドンの広さと、ハムステッド・ヒースのロケーションの素晴らしさに驚くばかりです。

またパーラメント・ヒルからさらに歩いていくと、Kenwood Houseと呼ばれるカントリーハウスが見えてきます。こちらにはレンブラント、ターナーから、フェルメールの『ギターを弾く女』などが所蔵されています。私が訪れた当時は改装中で見ることができませんでしたが、次ぎこそはと思っている名所です。


■Hampstead Heath
住所:Gordon House Rd, London NW5 1QR イギリス
電話番号:+44 20 7332 3322
アクセス:地下鉄ノーザン線 ハムステッド駅/地下鉄Archway駅からバスC11でパーラメント・ヒルで下車/地下鉄ケンティッシュ・タウン駅からバス214、C2

※ハムステッド駅からは少し徒歩でかかりますが、1日時間が取れる方は、町の散策と兼ねてゆっくり回られることがおすすめです。

■Kenwood House
住所:Hampstead, London NW3 7JR
電話番号:+44 (0)20 8348 1286
開館時間:夏時間中は毎日11:30~16:00(庭は20:30まで)
料金:無料
HP:www.english-heritage.org.uk/daysout/properties/kenwood-house/

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。