仏教に深い関係をもつ世界遺産

 

 

仏国寺(プルグッサ)は、街全体が「屋根のない博物館」と賞される慶州(キョンジュ)の郊外に位置し、古くから霊山として信仰を集めてきた吐含山(トハムサン)の西麓に広がる仏教寺院です。1995年にユネスコの世界遺産に登録されています。

「仏国寺」という寺院の名の通り、その創建には新羅時代に公認された仏教に深い関係をもっています。新羅は、7世紀後半に高句麗、百済を討ち果たして朝鮮半島の統一を実現しました。統一国家誕生の初期において、半島に暮らす人々の心を一つにまとめるために重要な役割を担ったのが仏教だったのです。

仏国寺は、釈迦の世界である「仏国土」を現世に具現化したもの伝えられています。最盛期には今に残る姿の10倍近くの規模を誇っていたと言われます。創建年代は明確にはなっていないのですが、「三国遺事」には751年に、当時の宰相、金大城(キム・デソン)が両親のために建造したという記録があります。

 

 

 

 

統一新羅時代以降、半島に暮す人々の篤い信仰を集めていましたが、日本人がその信仰心に傷をつけてしまった歴史があります。16世紀の文禄・慶長の役で、木造建築の大半を焼き払ってしまったのです。他にも李氏朝鮮時代に、廃仏政策によって破損を被るなどの悲運にも見舞われましたが、1973年に復元され現在の姿を整えました。

■仏国寺
住所:慶尚北道慶州市進硯洞 15
電話番号:054-746-9913
営業時間:7:00~18:00(入場は17:00まで)
定休日:無休
HP:www.bulguksa.or.kr/

※データは記事公開時点のものです。

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。