世界有数のミニチュア博物館

 

 

■スポット名
袖珍博物館

■おすすめポイント
別に台北に来てまでミニチュア博物館……と思いきや、展示物はそれなり充実しています。というか、入口のしょぼさと展示物とのアンバランスは笑えますが……。「袖珍」にはポケット版・携帯版という意味の他に「精巧な」とか「特別あつらいの」といった言外の意味があります。世界最小のテレビとか高額のバッキンガム宮殿はさておき、フラッシュをたかずにうまく写真を撮ると、そのあんまりな精巧さに唸らされます。

もちろん台北には世界級な観光地が他にもたくさんあるのですが、その一方でこの袖珍博物館は軽いノリで入ってちょっと唸って気楽に出るみたいなデートコース、あるいは家族連れで子供の教育の一環として行くのもいいかも。

 

 

 

 


ちょっと寄り道

お隣には翡翠博物館があります。ヒスイが台湾・中国文化で非常に重要な役割を果たしているのは確かなので、こういうヒスイの芸術品に特化した博物館もアリとは思うのですが、お隣(というか同じビルの地下)で細々とやっている袖珍博物館より明らかに格上の感のある門構えを見ても、博物館というよりは宝石の展示会に近い印象を受けざるを得ません……。
お金に余裕のある人はヒスイのお土産品も忘れずに!

■袖珍博物館
住所:台湾台北建國北路一段96号B1
電話番号:+886-2-2515-0583
参観時間:10:00~18:00
定休日:月曜日
アクセス:MRT松江南京駅から徒歩約10分
HP:www.mmot.com.tw/

■翡翠博物館
住所:台湾台北建国北路一段96号
電話番号:02-25098166
HP:www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g293913-d1642559-Reviews-Museum_of_Jade_Art-Taipei.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。