ショーの様な料理人の包丁さばきに注目!

 

 

■料理名
刀削麺

■おすすめのポイント

刀削麺は、料理人が小麦粉に水を加えて練った生地のかたまりを持ち、「く」の字の形をした包丁で、麺状に削り落としながら鍋に放り込んで茹でるのが特徴です。料理人の包丁さばきが、ショーのパーフォマンスに見えます。

刀削麺は、「麺食のふるさと」と呼ばれることもある中国の山西省で誕生したと言われています。麺やスープの味ばかりでなく、作り方にまでこだわりをもっているのです。

湯が沸き立つ大きな鍋に向かって、麺を飛ばす姿はユニークです。左手に麺の生地、右手に大きな包丁をもって、麺状に削り落とす姿は見事と言う他ありません。均一な太さ、長さに削るには、相当な熟練を要するようです。麺の大きさだけではなく、スピードも重要な要素です。麺を入れ始めてから、入れ終わるまでに時間がかかっていては、麺の茹で加減にムラが生じてしまいます。包丁さばきのスピードも見逃すことができません。

大きなかたまりが、アッという間に削られ、鍋の中で泳ぎます。茹であがった麺は、ラーメンスープに投入され、刀削麺ができあがります。一般的なラーメンスープだけではなく、酸味の利いたトマトソースや、豚肉の脂身とニンニクの芽を使った肉あんに、麺を絡めて食べることも多いようです。北京を訪れたならば、麺削りの技と味を両方確かめてみたいものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。