お店によって様々な味のバリエーションがあるラーメン

 

 

■料理名
牛肉麺

■おすすめのポイント

牛肉麺は、じっくり煮込んだ牛肉と麺が、甘辛いスープにバランスよく絡むラーメンです。一度食べると、結構やみつきになるものです。昼食としてならば、数日続けて食べても飽きることはありません。

牛肉麺と言ってもお店によって様々な味のバリエーションがありますが、大きく分けると、「紅焼牛肉麺(ホンシャオニューローメン)」と「清燉牛肉麺(チントゥンニューローメン)」の2種類に分けることができます。

紅焼牛肉麺では、リブフィンガーの大きなぶつ切りを使い、これに玉葱、生姜、豆板醤、醤油などを加えて炒めた後に、漢方調味料を合わせた牛骨スープでじっくり煮込みます。これに対し清燉牛肉麺の方は、湯通しした牛肉を生姜、長ネギ、漢方調味料などを加えた牛骨スープで、肉が柔らかくなるまでじっくり煮込みます。

紅焼牛肉麺のスープは赤みがかっているのに対し、清燉牛肉麺は透明です。味わいは、紅焼牛肉麺にはこってり感があるのに対して、清燉牛肉麺はサッパリしています。この他にも、トマト風味を加えた牛肉麺も登場しています。順番にいろいろな店に行くと、そのお店ならではの味を体験することができます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。