総延長は約6000キロ!「世界七大奇跡」の強固な城壁

 

 

■スポット名
八達嶺長城(万里の長城)

■おすすめのポイント
中国を訪れたならば、大半の人は万里の長城を見たくなるでしょう。逆に万里の長城を見るために中国に行く人も珍しくはないでしょう。延々と続く万里の長城の中で、最も整備されているのが、北京市の北西部延慶県に位置する八達嶺長城です。

万里の長城は、紀元前7世紀の春秋時代に始まり明代にいたるまで、2000年を超える年月にわたって造成が続けられました。北から侵略してくる北方民族に対する防衛をするために強固な城壁が建設されたのです。

その総延長は約6000キロにも及び、世界最大の城壁です。「世界七大奇跡」の一つに数えられています。現存するものの大半は、明代に建造されたと言われています。

 

 

 

 

中でも八達嶺長城が、最も整備がゆきとどいており、北京の市街地からのアクセスも最もよいところです。万里の長城のごくごく一部を構成する八達嶺長城ですが、この部分だけでも約3700メートルにも及びます。

長城が蛇行する山並みには、ロープウェイや、小型トロッコのようなカートも準備されているため、脚力に自信のない人でも、万里の長城の城壁に立つことができます。

でもやはり、古代の中国人になったつもりで、山の中をひたすら歩き続けたいものです。往復すれば、数キロはダイエットできるかもしれません。ダイエット目的ではないでしょが、城壁の上は蛇のように大勢の人が列をなして長城の頂上を目指しています。


■八達嶺長城(万里の長城)

住所:延慶県八達嶺鎮関溝北端
電話番号:(010)6912-1880
アクセス:北京市内よりタクシーで約1時間30分
営業時間:4月~10月 6:00~20:00、11月~3月 7:00~17:00
定休日:無休
料金:4月~10月 45元、11月~3月 40元
HP:www.badalinggreatwall.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。