多くの人がゴルフというスポーツを知るきっかけに

■作品名
あした天気になあれ

■作者
ちばてつや

■巻数
全58巻

■おすすめ理由

「あした天気になあれ」は、ちばてつや原作のゴルフ漫画です。

少年マガジンで10年以上にわたって連載され、
コミック本も58巻にものぼる長編コミックとなりました。

この漫画によって多くの人がゴルフを知り、
またゴルフがメジャーなスポーツになるのに、大きく貢献したともいえるでしょう。

■あらすじ
内容は、プロゴルファーを目指す中学生・向太陽が、
荒川河川敷沿いのゴルフ場でゴルフを始めるところから、
プロテストに合格し、その後ゴルファーとしていくつもの大会に出場し、
最終的には全英オープンゴルフに出場するという、サクセスストーリです。

この漫画を読むだけで、
ゴルフというスポーツをかなり細かく理解できますし、
毎回のコースやゴルフの内容が変化に富んで、非常に興味深い絵の漫画です。
また主人公の考え方からも学べるものも多いと思います。

主人公がボールを打つときに「チャー・シュー・メン」と掛け声をかけながらクラブを振るのですが、
一時期国内のゴルフ界で大流行した有名なことばとなりました。

私は学生時代に読みましたが、振り返ってみると、
あの頃は主人公が持っている天性の才能だけでなく、
努力と根性が大きくアピールされている漫画が多かったように思います。
今の時代になかなか見られなくなりましたが、懐かしく思い出し、またがんばろうと思えます。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。