村一番の美女のベルと醜い野獣の王子の物語

■作品名
美女と野獣

■監督
ゲーリー・トゥルースデイル、カーク・ワイズ  

■主演(声)
ペイジ・オハラ、ロビー・ベンソン

■DVD/Blu-ray発売元

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

■おすすめの理由
新作が発表され、観るたびに感心するのですが、ディズニーアニメは外しませんよね~。

物語の構成、デザイン、キャラクター、声優さんの選定、コミカルにして美しい挿入歌主題歌にその他音楽。どれをとっても毎回お見事と、うなってしまいます。

そんなディズニーアニメのなかで、特にわたしがおすすめなのが、1991年に公開されたこの「美女と野獣」です。

フランスの誇る詩人ジャン・コクトーの映画でも有名で、あらすじをご存じない方の方が少ないと思いますが。念のためさわりだけご説明しましょう。

■あらすじ
美しさを鼻にかけていたある王子は、魔女の魔法で醜い野獣の姿に変えられてしまいます。魔女から「この薔薇が散るまでに真実の愛を見つけらなければ、お前は一生そのままだ」と言われ、とばっちりでポットや燭台の姿にかえられた召使とともに、城の奥深くでひっそり暮らしていた。

しかしある日、城の外にまで伸びた薔薇を旅人がうっかり手折ってしまいます。王子は代わりにお前の大切なものを差し出せと言い、父の窮地を救おうと、村一番の美女で読書好きのベルがやってくるのですが……。


ディズニー映画は必ずハッピーエンドで終わりますから、ラストをお話ししてもいいですよね。わたしの一番好きなシーンは、クライマックスの、魔法が解けたあとです。

野獣の姿の彼とでも楽しく過ごせるベルですが、そこはやはり年頃のむすめさん。美しい姿にもどった王子に喜んで飛びつくどころか、警戒して後ずさります。ちょっとショックを受け、それでも手をのばす王子。その彼の揺れる子犬のような瞳をみて、ようやく野獣と同一人物だったと確信し、彼の手を取るベル。

いやいや全体をコメディなタッチでまとめつつも、大人も満足する王道の展開。さすがディズニーと思わせるシーンですので、お子ちゃま向けと犬猿していた方おられましたら、ぜひ一度ご家族でご覧ください。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。