家の玄関や庭など、空間の雰囲気を少し変えてみたいときはありませんか。気に入った彫刻や立体作品を置くだけで、日々の生活にゆとりが生まれることでしょう。今回はGALLERYエクリュの森のオーナー・田村燿子さんと彫刻・立体のアーティストの方たちに、彫刻や立体作品の飾り方とメンテナンス方法を伺います。

※今回ご紹介する例は、あくまで一例です。
※キャプションの表記は(素材/作家名)です。


梱包のとき方

彫刻や立体作品は、素材によって、あるいは、アーティストによって、梱包のやり方が異なります。

段ボールを開けると木箱が登場(杉山功作品)

段ボールを開けると木箱が登場(杉山功作品)

アーティストの杉山功さんの作品は、木と石を組み合わせてつくられています。木は柔らかくて軽く、石は硬くて重い素材です。アート作品は美術専門の運搬業や便があるほど、普通の荷物に比べて丁寧に運ぶ必要があります。杉山さんのような異なる素材でつくられた作品を運ぶときには、折れたり、曲がったり、箱に穴が開いたり、といったトラブルがないように、しっかりと梱包がされています。

 

木箱のふたを開けると発泡スチロールの箱が(杉山功作品)

木箱のふたを開けると発泡スチロールの箱が(杉山功作品)

まず段ボールを開けると、木でつくられた箱が出て来ます。杉山さんの名前と「FRAGILE」の文字がプリントされたこの箱は、杉山さんの作品である証明でもあります。このふたを開けると、発泡スチロールの箱が出て来ます。衝撃を和らげるクッションとして、発泡スチロールがつかわれているのです。この発泡スチロールの中ぶたを取ると、作品がぴったりと収まっています。

 

作品の形やサイズに合わせた梱包がされている(杉山功作品)

作品の形やサイズに合わせた梱包がされている(杉山功作品)

作品やアーティストによって、箱の素材や形状も異なります。作品全体や壊れやすい部分に布が巻かれている場合もあります。いずれの場合も、すべて梱包に使われていたものは、捨てないで取っておきましょう。

 


彫刻・立体作品の楽しみ方

室内に置いた場合(FRP/いしばしめぐみ)

室内に置いた場合(FRP/いしばしめぐみ)

壁にしか置くことができない平面作品(キャンバスや紙に表現されたもの)に比べて、彫刻・立体作品は、玄関に置いたり、壁や天井から吊ったり、庭に置いたりと、置く場所も問わず、空間を引き立たせてくれます。

しかし彫刻・立体作品は、重かったり大きかったりするので、一度買ったらなかなかしまうことができにくいもの。特に金属や木でつくられたものは、時間が経つと色が変わったり、サビや黒ズミが出てきます。

こうした状況下で、買ったままの状態をキープしたいのか、作品の変化を味わい深さととらえるのか、と楽しみ方もいろいろ。それによりメンテナンスも変わって来ます。

 

台座がある作品(石/明田一久)

台座がある作品(石/明田一久)

また、彫刻・立体作品は、「台座(だいざ)」と呼ばれる、作品を載せる台のようなものがセットになっている場合もあります。

台座は、作品の重さを分散させて、作品を置く場所(机や棚など)がへこむことを防ぎます。台座に載せることで、アーティストが鑑賞者に見て欲しい目線に合わせたり、作品の存在感を増す効果もあります。

 


作品を置こう~室内~

作品で玄関を彩る(木/大平實)

作品で玄関を彩る(木/大平實)

しかしいま、多くの彫刻・立体作品には、台座がありません。こうした場合は、必ず平らなところや構造上曲がらない物の上に置くのがベスト。写真のように、台を準備するのも良いでしょう。じゅうたんや布のような柔らかいところの上はNGです。

サイズが小さいテラコッタ(素焼きの陶)やFRPのような軽量なものは、壁に取り付けて楽しむこともオススメです。しかし、直射日光のような日が強く当たるところに置くと、ひび割れ、変形の原因になるのでご注意を。

 

作品を置こう~屋外~

屋外に置いた場合(石/田中毅)

屋外に置いた場合(石/田中毅)

玄関や庭に彫刻作品があると、周囲の空間の見えかたも変わってくるものです。

ここでの注意点として、屋外に置くときは表面処理の確認をしましょう。作品やアーティストによって、屋外用にサビ止めのような加工を施す場合もあります。

サビだけでなく、庭に生えている草がからまったりするような自然との共生も、屋外設置ならではの楽しみ方。こうしたときにも、まずは安全性を重視し、作品に芯棒を入れたり、台座を固定させることが大切です。

 

こんなときどうする?

乾いた柔らかい布で拭く(石/田中毅)

乾いた柔らかい布で拭く(石/田中毅)

■ホコリがついたら、どうしたらいいですか?

素材は何であれ、乾いた柔らかい布で優しく拭いてください。特に木や素焼きのテラコッタでつくられた作品は、水拭きや化学ぞうきんで拭くと、水分がしみこんでシミの原因になります。

 
運搬のときはエアキャップで包みましょう(鉄/佐藤忠)

運搬のときはエアキャップで包みましょう(鉄/佐藤忠)

■エアキャップ(プチプチしたビニール等)に巻いて保存したほうがいいですか?

一時的な保存、運搬にはエアキャップをつかいます。長期保存の場合、木やテラコッタ、鉄は、作品自身の湿気で素材とエアキャップがくっついたり、カビが生える場合もあります。サラシや布に巻いてから、乾燥剤入りの木箱にしまいましょう。

 
■作品が欠けたり、壊れた場合、どうしたらいいですか?

作品購入をしたギャラリーやアーティストにご相談ください。自分で瞬間接着剤などで対処しても構いませんが、きれいに補修できなかったり、変色の原因になることもあります。風雨に弱い石もあるので、購入の際に確認するとよいでしょう。

GALLERYエクリュの森の展覧会情報

ART FOR CHILDREN展 子どもの心×美術作品
2013年11月12日(火)~12月7日(土)

中西 和 展
2014年1月18日(土)~2月8日(土)

太田 宗平 展
2014年2月18日(火)~28日(金)

富田 菜摘 展
2014年4月4日(金)~5月10日(土)

横井山 泰 展
2014年5月20日(火)~31日(土)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。