REIT

【りーと】

REIT=Real Estate Investment Trust の略。日本語では「不動産投資信託」のこと。アメリカで1960年に誕生した投資形態で、日本では2001年3月に東証で市場が開設された。「日本版REIT」あるいは「J-REIT」などともいわれる。

J-REITの大半を占める「会社型」では、投資家からの資金を投資法人が集めて都心のオフィスビルなどで運用し、その賃貸収益や売却益などを投資家に分配(配当金の支払い)するのであり、その投資口は証券取引所に上場される。2001年9月の日本ビルファンド投資法人およびジャパンリアルエステイト投資法人の上場に始まり、2013年11月現在で43銘柄(39運用会社)が東証に上場している。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。