外見の色づかいは、内面を物語ります。

外見の色づかいは、内面を物語ります。

特に男性のビジネススーツは色の制約があるため、同じように見えることが少なくありません。しかし、同じように見えるからこそ、お互いの違いをどのようにとらえるかが重要になってきます。ビジネススーツのように外見の大半を占める色には、色や流行に対する態度があらわれます。


ここでは、ビジネススーツの色から、<堅実派>と<柔軟派>を見分けるポイントをご紹介します。

 

ビジネススーツの基本色にこだわる堅実派

色の制約があるビジネススーツは、違いをとらえるコツが大切です。

色の制約があるビジネススーツは、違いをとらえるコツが大切です。

ビジネススーツの基本色、チャコールグレーとダークネイビーは、堅実さを重視する価値観を物語ります。チャコールグレーやダークネイビーをお召しになる方は、いつも同じ色を選ぶ傾向があり、好きな色とそれを活かす色合わせを見つけると、頑固にこだわります。例えば、チャコールグレーのスーツが古びてきたので、新しいものを求めるときも、同じ色の濃さでないと不平をこぼしがちです。しかし、こだわり方が頑固だからといって、仕事ぶりが頑固だとは限りません。どちらかといえば、忙しすぎて、新しい色を試す心の余裕がない人に見られる傾向です。

ニュアンスを重視する柔軟派

グレー系やネイビー系のビジネススーツは、無地のチャコールグレーやダークネイビーを基本として、明るさ、色み、柄の傾向に、個性があらわれます。グレー系、ネイビー系のビジネススーツでも、基本色ではない色を選んでいる方は、変化を嫌っているわけではありません。流行に関心はありますが、色の選び方は概ね慎重です。コーディネートのしやすさを重視するなど、細心の注意を払って、実用本位で色を選ぶので、どちらかといえば淡い、デリケートなニュアンスのある色を選ぶ傾向が見られます。仕事が忙しくても、プライベートを大事にするタイプでもあります。

このように、同じように見えるビジネススーツの色ですが、基本色にこだわる<堅実派>とニュアンスを重視する<柔軟派>に大別されます。

ベージュ系やブラウン系のビジネススーツをお召しになる方は、自分なりのこだわりを貫いている場合と、変化のバリエーションとしてベージュ系やブラウン系を選択肢に加えている場合があります。相手がどちらのタイプなのか、見極めることが大切です。

女性のファッションは選択肢が多く、ライフステージによって変化を余儀なくされます。<堅実派>と<柔軟派>に加えて、状況を見極めることが肝心です。

女性のファッションは選択肢が多く、ライフステージによって変化を余儀なくされます。<堅実派>と<柔軟派>に加えて、状況を見極めることが肝心です。

一方、男性に比べると女性は、仕事、恋愛、結婚、出産、育児など、状況に応じてファッションのスタイルやテイストが変わっていきますし、人によってはオシャレに積極的な時期と積極的になれない時期もあるようです。男性に比べると、女性の方がファッションの選択肢は多いはずですが、自分なりのスタイルにこだわり続ける<堅実派>、柔軟に流行を取り入れる<柔軟派>に大別されるのは、男性と同じです。相手が女性の場合は、状況とタイプを合わせて見極めることが肝心です。

類似性と相補性、どちらが正解?

<堅実派>にとって<柔軟派>は「こだわりに欠ける」、<柔軟派>にとって<堅実派>は「頑なすぎる」と受け取られることがあります。どちらのタイプも、色の選択肢を広げ、相手や状況に応じて多様な色づかいを試みることも、ビジネスを円滑に進める方法のひとつです。

相手のタイプに合わせると<類似性>の関係になり、親しみや共感を創出したくなりますが、女性同士の場合は、<類似性>を意識しすぎるよりも、<相補性>を意識した方が好ましい人間関係へとつながっていく場合が少なくないようです。




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。