心が落ち着く、メディテーション(瞑想)がおススメ!

瞑想と聞くと、とても難しいような気がしますが、例えばお料理好きなあなたであれば、無心で千切りをしている時、もしくは編み物好きなあなたであれば、一気に前身ごろを編上げてしまう時など、人それぞれ意識していなくても「無心になる=瞑想習慣」を持っています。私たちの心は絶えず忙しく跳ねまわり、留まることがありません。この心の活動を一時的に止めるのが、瞑想なのです。ですから、何かに没頭すると心が沈黙する=瞑想状態と思えば、そんなに難しく考えないですよね。

では、瞑想の効果は?と言えば、心が沈黙すれば「今自分がするべきこと」が観えてくる、観察力や客観性が付きます。自分にとって今必要な物、いらない物、やるべきこと、やらなくていいこと。つまり、自分を知るための方法なのです。今回ご紹介するのは、自分のお気に入りの場所に座って呼吸を聞くだけです。最初は色々な雑念が浮かんで来ても、ガッカリしないで呼吸の数を数えてみましょう。徐々に心が落ち着いてくるのが感じられると思います。メディテーションのポイントは、焦らずゆっくり取り組むことです。


基本的なメディテーションの方法

■座り方
あなただけのお気に入りの場所に座って、メディテーション。心の贅肉もスッキリさせましょう!

あなただけのお気に入りの場所に座って、メディテーション。心の贅肉もスッキリさせましょう!

蓮華座、正座などで座ります。背骨がまっすぐ伸びるように、座り心地を安定させます。体が硬くて背骨が伸びないようであれば、お尻の下に座布団等を敷いてもOKですよ。

■時間帯
本来ならば早朝や夕暮れ時ですが、自分が取り組める時間でOKです。

■時間
最初は5分から10分を目安に。徐々に時間を伸ばしてみましょう。

■メディテーションアイテム
メディテーションを邪魔しない、音楽やお香、キャンドルなど。

いかがでしたか?ゆっくりじっくりとヨガに取り組んでみてはいかがでしょうか?その効果は、体だけではなく心にもじんわりと効いてくるはずです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。