高架下の名店「大統領」と「昇龍」

まずは、山手線外回りの取材で行った珍珍軒さんの前から撮影した昇龍さん。左側が大統領さんだ。
写真左側の「大統領」さんは山手線の高架下になる

山手線と京浜東北線の高架下の真ん中ににある「昇龍」さん


まずは、左の大統領さんから紹介しよう。前回、うかがったのは2011年4月1日。パンダが上野にやってきた日、上野動物園でパンダを見たあとに大統領さんに寄った。11時過ぎだというのにほぼ満席。店内はコの字のカウンター、外にもテーブルが出してある。このカウンターの中の大鍋でモツが煮込まれている。まずはビールと煮込みをいただく。
豆腐は味がしみておいしかった

大統領特製煮込み 420円

次々とお客さんがやってくるのだけれど、店のお姉さんが威勢良く客の整理をしていたのが印象的。

5本で450円なのでコスパ高し

もつ焼きの盛り合わせ

そしてもつ焼き。まずは盛り合わせという5本セットをいただくといいだろう。お酒が進むよ。

さて、今回うかがったのは「大統領」ではなく「昇龍」という中華料理屋さん。ここでいただきたいのは「ギョウザ・ライス」。なぜか表のメニュー表にはカタカナで書かれている。ジャンボ餃子は迫力満点。

皮がパリッと焼かれ、餡はジューシーだ

大振りな餃子が4個ど~ん!

定食ではなくなぜ、ギョウザ・ライスなのかといえば、全体を見ていただければわかる。そう、ご飯はライス皿に入っているのだ。
町中華でライスと言われるのは、このライス皿を使うからだ

定食ではなくライスなのは、ライス皿に盛られているからだ

隣の常連ぽい初老の男性は餃子6個に生ビールを飲んでいた。ビールうまそうだなぁ。でも、きょうはこれからずいぶん歩くのでやめておこう。ちなみに餃子は店頭でテイクアウト用のものも売られている。