ドアの開閉で窓から熱風を追い出す方法

これは、乗車する前に行います。

  1. まず、エンジンをかけエアコンを強にします。
  2. 次に運転席のウィンドウを開け、さらに助手席側の後部座席のウィンドウも開けます。
    半分くらいでもかまいません。
    車内全体に風を通すために、一対の反対側のウィンドウを開けて下さい。
  3. 前と反対側の後ろのウィンドウを開けた状態で、運転席のドアをバフバフ(開けたり閉めたり)します。

これを2,3回繰り返すだけで、車内の温度が劇的に下がります。

高速にバタン!と閉めた方が効果が高いのかもしれませんが、これを何度もやるのって結構大きな音が出て恥ずかしいので、私はドアの取っ手を持ったまま何度かバフバフします。

これをやるのとやらないのでは、体感的にかなり違います。

クーラーがきいてくるまで車内の温まった空気の中にいると、息苦しい感じがあってとても不快じゃないですか?

先に、ある程度熱風をバフバフで追い出し風を通すと、あの窒息感も和らぎ体が楽です。

有効です! ぜひ、やってみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。