毎日の離乳食作りのお助けアイテム

 

 

■使用したグッズ
  • 製氷皿
  • ジップロック
■おすすめの理由
初期の離乳食、ほんの少しの量の離乳食を毎回作るのは大変ですよね。
そこで、100円ショップで売っている製氷皿を使って小分け冷凍保存をしておくと、大変便利です。
製氷皿は、なるべく蓋付きのもののほうがオススメ。
冷凍する際にも清潔ですし、重ねて置けるので冷凍庫の中でかさばりません。

10倍粥以外にも、じゃがいもやカボチャを一度にたくさん蒸して、フードプロセッサーで磨り潰して、製氷皿で冷凍します。完全に固まったら製氷皿から取り出し、それぞれジップロックに分けて
冷凍庫で保存します。じゃがいもとサツマイモなどは、磨り潰すと見分けが付き辛いので、
きちんと食材名を書いておくのを忘れずに。

この冷凍食材を解凍して組み合わせたり、出汁やスープでのばして使えば、
パンプキンリゾットやヴィシソワーズなどに使えます。

我が家は、10倍粥・じゃがいも・カボチャ・サツマイモ・和風だし・ほうれん草・人参・キャベツ・
白菜・魚・鶏ひき肉など、この方法でストックしておきました。
魚は、白身魚やお刺身を茹でて、刻み、製氷皿で冷凍します。お肉も同様です。

冷凍保存であれば1週間程は持ちますから、作っておくと安心です。




【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で離乳食を見る

Amazonで離乳食を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。