気休めかもしれませんが……

第一子のつわりがとても激しいものでした。
食べ物はおろか、水さえ飲めず(ゼリーしか食べられない時期も!)。
あまりにつわりがひどくて動けず、里帰りもままなりませんでした。
おまけにそこは主人の転勤先。見知らぬ土地で、友人も家族も居ない状況。
主人は仕事が忙しく、ろくに帰ってこれない……。

そんな中、つわりを和らげてくれたのは、帰宅した主人のマッサージでした。
「忙しくてなかなか帰れなくてごめんね」
「おなかの赤ちゃんも頑張ってるから、ママも頑張れ」
主人も仕事で大変なのはわかっているのですが、
そういっておなかや背中をなでてもらえると、つわりが和らぐ気がしました。

妊娠そのものは1人でするものだけど、やっぱり家族になるって言うのは1人じゃできないことなので。旦那さんの存在が大きいんだと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。