少しずつ大人になっていくキキの成長を描いた作品

■作品名
魔女の宅急便(1989年)

■監督
宮崎駿

■DVD/Blu-ray発売元
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

■おすすめの理由
魔女の宅急便は1989年に公開されたアニメーション映画です。角野栄子による児童書「魔女の宅急便」を宮崎駿監督がアニメ化しました。

魔女と普通の人間の間に生まれた少女キキは13歳の春の満月の夜、魔女修行のために親元を離れて自分の街を探しに出かけます。大きな街で人間関係、仕事、恋愛に悩みながら少しずつ大人になっていくキキの成長を描いています。

当時小学生だった私が初めて見たジブリ作品が「魔女の宅急便」。この作品を見てジブリが大好きになりました。この作品は女の子の憧れが詰まっている作品だと思います。ホウキで空を飛ぶ、ネコと喋れる、黒いドレスに赤いリボン、屋根裏で一人暮らし、海沿いの街での暮らし……どれをとってもキキがうらやましく、映画の世界に憧れ続けていました。

そして、失敗をしながらも立ち直っていくキキ。「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」というキャッチコピーは、何かあっても立ち直れる、また元気になれると大人になった今でも私を励まし続けてくれます。ぜひすべての少女に観てほしい作品です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。