テレビドラマの探偵物語とは違う、松田優作さんのコミカルな演技

■作品名
探偵物語

■監督
根岸吉太郎

■出演
薬師丸ひろ子、松田優作、秋川リサ、岸田今日子、北詰友樹

■DVD/Blu-ray発売元

角川書店


■おすすめ理由

映画が公開された1983年は角川映画の全盛期。
当時まだ中学生だった私は、熱烈な薬師丸ひろ子ファンの友人に誘われてこの映画を観に行きました。

なぜか映画のストーリーはあまり記憶に残っておらず、観終わったあとの感想といえば、
「手足がひょろ長くてドジな辻山探偵(松田優作)がルパン三世に見えてしまった」
ということくらい。
一緒に行った友人は、ラストのディープすぎるキスシーンにショックを受けていましたが……。

大人になってからDVDで改めて観直してみると、今ではお母さん役もすっかり板に付いた感のある薬師丸ひろ子さんがとにかく、とにかくかわいい!
丸顔をあえて強調するかのようなボブのヘアスタイルも、ちょっとぽっちゃりめの下半身も、今ではありえないワンピースの柄も、何もかもが懐かしくて、不覚にも涙ぐんでしまったくらいです。
この映画を、自分の青春時代の思い出とリンクさせて観てしまう方も多いのではないでしょうか。

ストーリーは平たくいえば、
「お嬢様女子大生が、自分のお目付け役の探偵との淡い恋の経験を通して、大人の女性になる物語」。
田舎の中学生にとっては、ちょっと背伸びした内容だったかも知れません。

当時は「あまりカッコよくないおじさん」にしか見えなかった松田優作さんの、コミカルで軽い演技も新鮮です。
どちらかといえば、ハードボイルド路線の泥臭い優作さんのイメージの方が強烈ではありますが……。

「人気絶頂のアイドルが主演する青春映画」の勢いをストレートに感じる本作品。
ちなみに、同じ『探偵物語』というタイトルで、松田優作さんが1979年から1980年にかけて主演したテレビドラマがあるのですが、こちらもお勧め。
設定がハチャメチャだったり、無駄にお色気シーンがあったり、内容的にはかなりバカバカしいものの、こちらの優作さんはかなり小汚い感じで個人的には好みです。

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。