実話を基にした中年男性とソープランド嬢の純愛

■作品名
片翼だけの天使 (1986)

■監督

舛田利雄

■主演
二谷英明、秋野暢子、タモリ、田村高廣

おすすめの理由
ドラマ化もされた「非情のライセンス」や、「黄土の本流」、「凶悪の門」など日本のハードボイルドの基礎を築いた小説家・生島治郎の原作「片翼だけの天使」を映画化した作品です。

中年男性とソープランド嬢の純愛を描いたストーリーで、ヒロインの秋野暢子さんは、キネマ旬報主演女優賞を獲得しました。

■あらすじ

46歳の推理作家、越路(二谷英明)は、離婚以来、独身生活の不自由さを感じながらも、もう男女関係には億劫な気持を抱えていた。

ある日売れっ子カメラマン白井(タモリ)に誘われ、ソープランドに行き、そこで赤城という源氏名の韓国人のソープ嬢、景子(秋野暢子)と出会う。

明るくて性格の良い景子に惹かれていく越路。

景子も岡野(ケーシー高峰)という夫がありながら、越路に惹かれてしまう……。


秋野暢子さんが、韓国人のソープランド嬢を熱演。

若々しくて美しくて、甘え上手で、片言の日本語が男心をくすぐる……。
そんな女性を見事に演じています。

これは作家の生島治郎さんが、実際に韓国人のソープ嬢と結婚した実話で、小説のほうはその後の生活などを描いた続編も出ています。

ロマンスグレーの二谷英明さんが彼女にメロメロになっていく過程も面白く、若い時のタモリさんや、田村高廣さん、ケーシー高峰さん、宍戸錠さん、長門裕之さん、多岐川裕美さんなども出演しているので楽しめます。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。