目が離せなくなるほどの緊張感あふれる作品

■作品名
『東京裁判』(83)

■監督
小林正樹

■声の出演

佐藤慶

■DVD販売元
キングレコード

■おすすめの理由
この映画は、終戦後の昭和23年に行われた極東国際軍事裁判(通称、東京裁判)の模様を、アメリカの国防総省が撮影したフィルムを編集したものです。

そこに、裁判の内容に沿った事件や出来事を記録した映像も挿入し、明治以降、軍事国家となっていった日本の近代史を総括していきます。

そして、戦争責任や、戦争と国家あるいは個人との関係を問い掛けながら、戦勝国が敗戦国を裁く矛盾も突きます。

上映時間は4時間30分余に及びますが、退屈するどころか、緊張感あふれる画面から目が離せなくなります。

あらためて映像が持つ力の強さを思い知らされます。

監督は『人間の条件』(59)などで知られる小林正樹、音楽は武満徹、大ベテランの編集者・南とめが膨大な量のネガ編集を担当しました。

個性派俳優として知られた佐藤慶の感情を抑制したナレーションも絶品です。

最近公開された『終戦のエンペラー』は、この裁判の最大の論点だった天皇の戦争責任とマッカーサーについて描いていますので、対で見ることをお薦めします。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。