ベトナム戦争の影を感じる、苦味のある青春群像

■作品名
ファンダンゴ (85)

■監督
ケビン・レイノルズ

■主演
ケビン・コスナー、ジャド・ネルソン

■DVD販売元

ワーナー・ホーム・ビデオ

■おすすめの理由
スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントが初めて製作したのがこの青春映画です。

タイトルはスペイン語で「バカ騒ぎ」の意。

舞台は70年代初頭、青春の終焉を拒絶し、大学卒業後に直面する徴兵・就職・結婚などの諸問題からの一時の逃避を試みた若者たちの姿を描いたロードムービーです。

主演はスターになる前のケビン・コスナー。

監督は、後にコスナーの『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(90)で第二班の監督を務め、『ロビン・フッド』(91)、『ウォーター・ワールド』(95)も監督したケビン・レイノルズ。
この映画が彼の監督デビュー作です。

オープニングのエルトン・ジョンの「土曜の夜は僕の生きがい」、キャロル・キングの「イッツ・トゥ・レイト」など時代を彩った名曲を効果的に使っています。

この映画の特徴は、旅の端々にベトナム戦争の影を感じさせるところ。
それ故、どこにでもある青春群像にちょっとした苦味が加わっています。

ジョージ・ルーカスの『アメリカン・グラフィティ』(73)がベトナム戦争以前の60年代の青春群像劇の代表作なら、この映画はベトナム以後の70年代のそれと言えるかもしれません。

公開当時は、たかだか10年前の70年代も、すでにノスタルジーの対象になるのかという感慨が強く残りました。
もちろん今は、その何倍も懐かしさを感じることでしょう。





■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。