人生に敗れた弁護士が正義に目覚め変化していく

■作品名
評決 (82)

■監督
シドニー・ルメット

■主演
ポール・ニューマン、シャーロット・ランプリング

■DVD/Blu-ray発売元
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

■おすすめの理由

この映画は、カトリック教会系の病院で起きた医療過誤に関する訴訟を描いた法廷劇です。

名優ポール・ニューマンが人生に敗れアルコール依存症となった弁護士ギャルビンを演じています。

仕方なく被害者側の弁護人となった彼が、事件の調査を進めるうちに、正義に目覚め、自らも立ち直らんとして変化していく姿が見どころです。

監督は『十二人の怒れる男』(57)で陪審員を描いた社会派の巨匠シドニー・ルメット。

本作では、訴訟を通して、医師や弁護士といったいわゆる“聖職”に携わる者の腐敗を鋭く告発していきます。

クライマックスは、ギャルビンの最終弁論のシーンに訪れます。

被告側の証拠隠しによって絶望的な状況に陥ったギャルビンは、ここで正義や法のあり方を陪審員に説きます。

ニューマンの名優たる所以を証明する場面ですが、これはわれわれ観客に向かって訴え掛けているとも言えるのです。

そして、さまざまな人種の陪審員たちが一致して逆転の正義を示すところにこの映画の真骨頂が発揮されます。

思わず「そうこなくっちゃ!」と一声掛けたくなるような見事な幕切れです。

ニューマンに加えて、秘密を持った女性を演じたシャーロット・ランプリング、被告側の弁護士を憎々しく演じたジェームス・メイスン、ギャルビンを陰から支える相棒役のジャック・ウォーデンら脇役たちの好演も光ります。

正義や裁判制度にこだわり続けたルメットならではの力作と言えるでしょう。






■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。