『アイスようかんサンド』へのひと工夫もおすすめ

 

 

暑かったので水ようかんを凍らせて食べてみると、凍ったこしあんがショリヒヤで濃いアズキバーを食べているようでおいしかったです。

水ようかんはプラスチック容器ごと冷凍室に入れて、固まったら容器の周りを手のひらで温めながら容器のおしり部分を押して取り出しました。
缶詰の水ようかんは缶のまま凍らせると取り出しにくいですので、最初に容器から出してラップで包んで冷凍をお勧めします。

 

 

 

 

そしてひと工夫、凍らせた水ようかんをちょっと厚めにスライスして、食パンに挟むと
『アイスようかんサンド』の出来上がりです。
甘くてひんやりしているので、食欲の少ない日にも食べやすいです。
溶けやすいのでお早めにお食べくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。