熱い気持ちと幻影によって記された台湾紀行

 

 

■書名
台湾 韓国 香港 逍遥游記

■おすすめポイント
先日、古本屋で購入しました。
紀行本は大好きで、各地の古本屋さんに寄るとまず、紀行本の棚を探します。

写真家で紀行作家の藤原新也。インド、アジア、東京、アメリカなどを写真とエッセイを組み合わせたアサヒグラフに連載しました。熱い気持ちと幻影によって記された『台湾 韓国 香港 逍遥游記』は1972年の処女作『印度放浪』、『西蔵』の次に出版された青春放浪作品で1977年に第3回木村伊兵衛写真賞しました。

 

 

 

 

40年ほど前の旅行記です。写真は時代の移り変わりを文章の何倍も違いがわかります。日本でさえ、日常の風景は変っています。それが、今と比べると、目新しいのか、懐古的なのか、珍奇なのかは読者の心象によって見方は違ってきます。今は無き風景が大半かもしれませんが、ただ、これから旅をするのにそれを知っているか、知らないまま旅をするのかでは旅の本質にかかわってきます。

藤原自身、台湾の滞在を「醒めた日常の日々」と表現しますが、2008年『日本浄土』の方が安らぎを感じる文章です。


■台湾 韓国 香港 逍遥游記
著者:藤原新也
出版社:朝日文芸文庫
価格:972円

※データは記事公開時点のものです。 


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。