上海蟹のシーズンに合わせて訪れたい、神田の中華料理屋

 

 

■店名
竹苑

■おすすめポイント
神田にある上海ご出身の蔡志偉さんがオーナーをされる竹苑は、
本格的な上海蟹を頂くことができる中華料理屋さん。

シェフは、上海の名門ホテル「上海花園飯店(オークラ ガーデンホテル上海)」で腕をふるっていた方をオーナーが日本に連れて来られ、日本にいながら本場の味を楽しめることができます。

中華料理の単品ももちろん美味しく、絶品ばかりですが、特におすすめしたいメニューは
他ではなかなか味わうことが出来ない上海蟹。限られた季節しか味わうことの出来ない
ちょっと贅沢なメニューですが、ぜひシーズン中に東京へ行かれる方へおすすめしたいお店です。

お店は最寄りのJR神田駅北口 、地下鉄銀座線神田駅ともに 徒歩1分。

特に秋頃が美味しさの絶頂を迎えるといわれる上海蟹はコースで頂くことができます。

■上海蟹コース
  • 上海蟹の紹興酒漬け(味噌が濃厚)
  • カニスープ(お豆腐と卵とカニの絶妙なバランス)
  • カニメンチ(カニの甲羅に入ったカうま味あふれジューシー)
  • カニと野菜のあんかけ(あっさり塩味)
  • 上海蟹のレア
  • カニシューマイ
  • カニチャーハン
最後はデザートが出てきて8品で4000円のコースです。

 

 

 

 

こじんまりしたお店でカジュアルですので気軽に行くことができるのもポイントの一つです。

上海蟹のシーズン9月~2月頃までは日曜日も営業しているので、
行く際は電話予約をおすすめいたします。


■竹苑
住所:東京都千代田区内神田3-22-4
電話番号:03-3257-6807
営業時間:11:00~14:30、17:00~23:00
定休日:日曜
アクセス:JR神田駅北口 徒歩1分/地下鉄銀座線神田駅 徒歩1分

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。