好きなことをゆったりできることが魅力的

 

 

私が一人で出かけるきっかけは、のんびりと自分のペースで行動したい時、
出かけている時間を気兼ねなく自分の「好き」だけに使いたい時です。

私はデジタルカメラで自然やそこに居る鳥や動物を撮影するのが好きなので、
ゆっくりと景色を見ながら歩けて、好きな場所で好きなだけ写真が撮れるのが一番のメリットです。また一人なので山の遊歩道の小さな道に行ってみようとか、ゆっくりベンチにすわって
雲や飛んでいるトンビなどの猛禽類を眺めたり「ピーヒョロロ」や「ジュジュー」など
いろんな声で鳴いている鳥達の声を聴いたりと、好きなことをゆったりできる所も魅力的です。
 

 

 

 

一人で出かけていて「誰かと一緒だとよかったな」と一番強く思ったのは、
お寺に行ったときにちょうど霧が一面に漂っていてとても神聖な雰囲気になっていた時です。
カメラは防水でなくビニール袋も持っていなかったので撮影できなくて残念でした。
そして撮影出来ていたとしても、写真よりなによりあの空気や雰囲気はその時のその場所で一緒に感じたかったです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。