今の本当の自分を探しに行く旅へ

 

 

一人旅に行きたいって思う時は、今の環境を客観的に見つめたい時ですね。
何かに没頭している時って、主観的に自分と周りの状況を見ていますので、判断に迷いが生じることがありますし、結果的に間違った選択をすることがあります。ですから、今置かれている状況を客観的に見つめるために、「ちょっと一人旅」は最高です。

例えばですが、仕事がうまくいかない時って何か原因があると思います。それは自分なのか、
それとも周りにあるのか。実は自分でもよく分からない時ってあるんですよね。だから、一人旅をしながら良く考えるんです、今の自分には何が必要かって。


自分を見つめるには最高の環境

一人旅をしている時は一人の時間が自由にありますから、自分の思うように考え、自分の思うように行動できますので、自分を見つめるには最高の環境です。いわゆる「自分探し」にも似ているのかもしれませんが、具体的に言うと「今の本当の自分を探しに行く」の方が最適でしょう。

投稿した写真は、北関東のある田舎道です。山のふもとで人は誰もいない様なところを車で走っている時に撮った写真なのですが、自分の考えを乱す物が何もなく、真っ新な気持ちで自分を見つめなおすことができた一人旅のワンシーンです。自由な時間に自由な場所であてのない探し物をする。そんな一人旅が私の生活のリセットボタンです。


一人旅に付き物のデメリット

一人旅をしていて不便を感じるのは、カフェなどのトイレタイムです。スターバックスなどでゆっくりした時間を過ごす。自分を見つめるには最高の時間なのですが、コーヒーを飲めば当然トイレに行きたくなりますが、荷物を置きっ放しでトイレに行くには安全面で不安を感じます、日本と言えども。安心してトイレにいけないというデメリットが一人旅には付き物です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。