味気ないノートもマスキングテープでカラフルに

 

 

■必要なアイテム
マスキングテープ、ノート

マスキングテープの装飾で土台を選ばないのはやはり文房具。
鉛筆に巻いても、消しゴムケースに巻いても、ノートの装飾にももってこいです。

しかし、巻くだけでは味気ない……。
そこで、実用性も求めた装飾の方法が、『ノートの見出し(インデックス)』です!

■おすすめポイント
2cm強の長さにマスキングテープを切り取って、ノートの端っこに折り畳むようにはるだけです。
一枚ずつ色を変えてはれば、カラフルで楽しくなってきます。
今回は渋めのノートなので落ち着いたカラーでまとめてみました。

場所を変えたければ、簡単にはがせるのがマスキングテープのいいところ。
テープを長めにとれば、メモ書きもできるので、ふせんにも出来ると思います!

また、テープをはったあとに角を丸く切り取ればより馴染むので、
一手間かけるのもよいかもしれません。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。