味気ないノートもマスキングテープでカラフルに

 

 

■必要なアイテム
マスキングテープ、ノート

マスキングテープの装飾で土台を選ばないのはやはり文房具。
鉛筆に巻いても、消しゴムケースに巻いても、ノートの装飾にももってこいです。

しかし、巻くだけでは味気ない……。
そこで、実用性も求めた装飾の方法が、『ノートの見出し(インデックス)』です!

■おすすめポイント
2cm強の長さにマスキングテープを切り取って、ノートの端っこに折り畳むようにはるだけです。
一枚ずつ色を変えてはれば、カラフルで楽しくなってきます。
今回は渋めのノートなので落ち着いたカラーでまとめてみました。

場所を変えたければ、簡単にはがせるのがマスキングテープのいいところ。
テープを長めにとれば、メモ書きもできるので、ふせんにも出来ると思います!

また、テープをはったあとに角を丸く切り取ればより馴染むので、
一手間かけるのもよいかもしれません。




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。