国産大豆100%の旨みを存分に堪能

 

 

ぜひ試していただきたいと思うのが、京都は三田久の“甘ゆば”です。

甘ゆばというのは、やや半生に近い乾燥湯葉のようなもので、厚みもありますので戻せば程よくトロッとした舌触りになります。お吸い物などに入っている乾燥湯葉は何だかビニールのようであまり好きではありませんでしたが、こちらの湯葉は食感もよく、国産大豆100%の旨みも存分に堪能できるかと思います。
我が家では主に、わさび醤油で食べています。
水で5分程度で戻りますので、もう一品ほしいときなど、大変重宝しています。

結婚して東海に住むようになりましたが、帰省の折にはお土産に持ち帰っています。
こちらは家族にも好評です。そんなにかさばる物でもありませんし、値段もお手頃です。
写真のもの(既にかなり使ってしまっています……)は小さ目の袋入りで、価格は540円だったと思います。量的にはこちらでも十分だと思いますが、家族の多い方などには、さらにたくさん入った1000円前後の物もあります。
こちらは大きな湯葉が7枚ほど入った商品で、お店の方曰く、お値打ちだそうです。

これらを購入できるのは、京都駅の八条口方面です。こちらに「近鉄名店街・みやこみち」という通りがあり、そこの「ハーベス京銘館」という所です。


■甘ゆば

メーカー:三田久
価格:540円
購入可能場所:実店舗や公式オンラインショップなど
HP:mitakyu.co.jp/
みやこみちHP:www.gnavi.co.jp/kinmei/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。