赤ちゃんがお腹にいることに感動!

胎動を感じたのは6ヶ月でした。妊娠・出産本を読んでいると「5ヶ月」と書いてあるものが多く、5ヶ月過ぎても感じない私は「大丈夫だろうか……?」なんて思ったりすることもしばしばでした。もしかすると、胎動はあったのかもしれないのに気づいていないのかも、なんてことも思ったりもしていました。そのため、胎動を感じた時は、出産した今でもよく覚えています。

その時、確実にお腹の裏側を蹴って、その足が「移動した!」と実感しました。ただポン、と蹴ったのではなくて脚がむにっとお腹の皮膚の裏側を移動した感覚がありました。その時は、「確かにここに赤ちゃんがいるんだ」と感動したのを覚えています。

初期は安静を言われていたりと、ちゃんと育つのだろうか不安に思っていた私ですが、胎動を実感した時は「ちゃんと育っているって合図を送ってくれているんだ」なんて勝手に解釈しちゃいました。妊娠後期に入ると自由気ままにむにゅむにゅ動くほどになりましたが、最初の胎動は感じるのが6ヶ月に入ってからだった分、本当に感動しました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。