インドのお菓子を自己流アレンジ

 

 

以前、インド料理店で食べて気に入ったものを自己流で再現しました。ハルワとかハルヴァなどと呼ばれ、中東から東南アジアまで、似たようなお菓子が広く知られているそうです。

以下のレシピはあくまで自己流です。
本場ではもっと甘ーくして、牛乳をたっぷり使っていると思います。

材料 約2人分

  • ニンジン 1本 (あまり大きくないもの)
  • 砂糖 大さじ1杯程度 (もっと入れてもよい)
  • 豆乳 50ccくらい (もちろん牛乳でもよい)
  • セモリナ粉 大さじ1杯程度 (薄力粉でもいいかもしれない)
  • バター(炒め用) 10gくらい
■トッピング
  • カルダモンパウダー 少々 (あったほうがいい)
  • ココナッツロング 少々 (なくてもよい)

セモリナ粉は粗びきの小麦粉です。カルディにあります。
手に入らない場合は普通の薄力粉か強力粉でいいと思います。

カルダモンパウダーはチャイを作る時に入れるスパイスです。
スーパーのスパイスコーナーで普通に買えそうな気がします。

ココナッツロングは、ココナッツの果肉を削り取って乾燥させたものです。カルディなどの輸入食材店にはあると思います。普通のスーパーでも、手づくりお菓子の素材コーナーで買える場合もあります。
ココナッツファインでもかまいません。

手順

 

 

  1. ニンジンを洗って皮ごとすり下ろす。
  2. フライパンにバターをとかし、すりおろしたニンジンを汁気が飛ぶまで炒める。
  3. 豆乳、砂糖、セモリナ粉を加え、焦がさないように混ぜながら炒める。汁気が飛んでねっとりしてきたら火をとめ、少しさます。
  4. 型にサラダ油(分量外)を薄く塗って、3を詰めて冷蔵庫で冷やす。冷たくなったら切り分けて、カルダモンパウダーとココナッツロングをトッピングすれば完成。
     
型はなんでもいいのですが、写真二枚目のような豆腐パックが手ごろです。
ちょうどニンジン1本分が入りました。三個セットで売られている充填豆腐のパックです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。