不満も我慢も「お互い様」だと心がける

相手の立場になって考えてみる。
これはカップルに限ったことではありませんが、親密度が増せば増すほど、重視していくべきポイントだと思います。

結婚して3年になりますが、旦那に対するささやかな不満はもちろんあります。
そればかり気にしてしまうともうどうしようもなくなりますし、言ってどうにかなることばかりではないので、こちらもストレスがたまります。
そんなとき、「自分にも欠点はある」と思うように心がけています。
自分が我慢している分、相手も自分に我慢しているところはあるだろうと。
そうすると、お互い様だと感じることができ、許すことも出来るのです。
同様に、家事などで苦痛に感じることがあっても、彼は彼で外で大変な仕事をしていると思うと、自分も頑張ろうと思えてきます。
結婚当初は理想が高かったのかそれが出来ず、「この先一緒にやっていけるのか……」と不安になったことが多かったです。

相手のことを気にしすぎても疲れてしまうので、時には、「あなたにも至らないところはあるんだから、ちょっとくらい我慢して!」と逆に考えるようにもしています。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。