豚こま肉とドライトマトのソテー、バジルオイル添え

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかず焼き肉

 

豚こま肉をお洒落に食べられる、季節の一皿

最初に、プチトマトを電子レンジで半生ドライトマトにします。次にバジルオイルを作ってから、豚こま肉とドライトマトの炒め物に入ります。

手頃な豚こま肉をおいしく食べられ、お洒落な気分が味わえます。プチトマトとフレッシュバジルが手に入りやすい今の季節に、是非とも作って味わっていただきたい料理です。

豚こまとドライトマトのソテーの材料(3~4人分

主材料
豚肉 こま切れ肉300g
オクラ 5~6個
たまねぎ 1個 160g
ニンニク 1と1/2かけ
ドライトマト 16個
赤唐辛子 1本
少々
こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ1~2
半生ドライトマトの材料
ミニトマト 12個
適量
バジルオイルの材料
バジル 10枚ぐらい
オリーブオイル 大さじ1
ほんの少々
ニンニク 少々(5ミリ角ぐらい)

豚こまとドライトマトのソテーの作り方・手順

半生ドライトマトを作る

1:トマトに塩をふって、干す

トマトに塩をふって、干す
ミニトマトを半分に切る。切り口を上にしてペーパータオルにのせ、塩を指でつまんで、トマト1個ごとに少量ずつのせていく。天日で半日ほど干すか、そのまま一晩冷蔵庫に入れておく。
途中で一度ひっくり返す。

2:電子レンジの弱で4~5分加熱する

電子レンジの弱で4~5分加熱する
ペーパータオルにのせたまま、ラップなしで、電子レンジの弱(170℃~200℃)で、4~5分加熱する。ちょくちょく確認し、裏表を返しつつ、半生状態にする。

※こんなやり方も!→ノンオイルフライヤーで作るドライトマト

バジルオイルを作る

3:バジル、ニンニク、塩、オリーブオイルを砕く

バジル、ニンニク、塩、オリーブオイルを砕く
バジルとニンニク、塩、オリーブオイルを、ミキサーにかけるか、すり鉢ですって混ぜる。

豚こまとドライトマトのソテーを作る

4:ニンニク、玉ねぎ、オクラを切る

ニンニク、玉ねぎ、オクラを切る
ニンニクは芯を抜いて薄切りか千切りに、玉ねぎは5~7mm幅のくし形切りにする。オクラは堅い部分を削り取って斜め切りにする。赤唐辛子は半分に折って種を振り落とす。
使用した半生ドライトマトは、冷凍保存しておいたもの。

5:豚こま肉を切る

豚こま肉を切る
豚こまの大きい肉を切って、だいたい3×3cm位の大きさに揃える。

6:ニンニクと赤唐辛子を炒める

ニンニクと赤唐辛子を炒める
フライパンにオリーブオイル、ニンニク、赤唐辛子を入れて弱火にかけ、香りを出す。

7:肉を炒める

肉を炒める
火力を上げ、肉を敷き詰めるように並べ入れる。あまり動かさずに、両面を焼きつける感じで炒める。塩コショウし、8分ほど火を通して、皿に取り出しておく。

8:玉ねぎ→オクラ→トマトを炒める

玉ねぎ→オクラ→トマトを炒める
オリーブオイルを少量足し、玉ねぎを炒め、しんなりしたらオクラを炒め、オクラにほぼ火が通ったらトマトを入れて軽く炒める。

9:肉を戻して炒め合わせる

肉を戻して炒め合わせる
肉を戻して強火で炒めあわせ、肉汁を吸いこませる。

10:盛りつけてバジルオイルを飾りがけする

盛りつけてバジルオイルを飾りがけする
器に盛りつけ、周りにバジルオイルをかける。

ガイドのワンポイントアドバイス

工程が多いので難しそうな感じを受けるかもしれませんが、意外と簡単に短時間で作れます。バジルオイルの代わりに、バジルソースでもおいしいです。なお、所要時間にトマトを干す時間は含みません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。