大きく変化したホーム画面のデザイン

今年の秋に提供が予定されている、iOSの新バージョン「iOS 7」。従来のバージョンアップでは、さまざまな機能追加がなされながらも、デザイン面では大きな変化がありませんでした。ですが今回のバージョンは、見た目のデザインが大きく変化していることもあり、その変化の度合いの大きさからも、高い注目を集めているようです。

登場が予想されるiPhoneの新機種にも注目が集まるところですが、まずはiOS 7はどのあたりが変化していて、何ができるようになったのかを、改めておさらいしておきましょう。
  • ホーム画面デザインの変更
iOS 7で大きく変化したポイントの1つは、やはりホーム画面のデザインということになるでしょう。アプリアイコンとドックが並ぶ基本的な構成は変わっていませんが、標準でプリインストールされているアプリのアイコンデザインが、特に大きく変化しています。従来のアイコンはどちらかというと立体感のある形状でしたが、iOS 7ではアイコンがフラットな形状となり、印象を大きく変えているといえます。
  • 「コントロールセンター」の追加
そしてもう1つ、新たに追加された特徴的な機能が「コントロールセンター」です。これは、下から上にスワイプすることで呼び出すことができるコントロールパネルのようなもの。無線LANやBluetooh、機内モードなどのオン・オフができるほか、音楽の再生やAirPlayデバイスとの接続、カメラや電卓などさまざまなアプリの呼び出しが可能になります。従来はこうした機能を切り替えるのに、一度ホーム画面に戻る必要がありましたが、コントロールセンターを使えば場所を選ばず設定の変更などができるようになります。
iOS7

新しいiOSの画面。アイコンはフラットなデザインとなり、コントロールセンター(右)が追加された


次は、マルチタスク機能などの強化ポイントについて説明します。