liveatshibuyaglad

Live at Shibuya Glad (6/30/13)

今まで、Aira Mitsukiちゃんには三度インタヴューしています。二度は、大阪にて対面でインタヴューをしました。それ以外にも、Airaちゃんの作品については、この6年間いろいろ書きました。 6月30日、東京・渋谷Gladにてされた“活動休止”宣言後という事もあり、正直、今回のインタヴューするに当たって、僕は複雑な心境でした……。

 

しばらく放浪の旅にでも出ようか

ガイド:
Aira ちゃん、お久しぶりです。今日は、Airaちゃんの本音が聞けるインタヴューになれば、思っています。もちろん、どこまで答えてもらえるかは、お任せします。そして、不躾な質問をしたら許してくださいね。先ず、活動休止の意味は、引退ではなくて、あくまでも休止、すなわち再始動も視野にいれた発言であると受け取っています。今回のアルバム・タイトル『I’LL BE BACK』というのも、そういう意味も含んでいるんですよね?

Aira:
そうですね。そういった前向きな意味で捉えてもらえたらうれしいです。

ガイド:
じゃ、そう捉えます。休止後やってみたい事は、もう決まっているのですか? 例えば、しばらく日本を離れるとか? アルバムのコンセプト的には、時空を超えた宇宙になってしまいますが(笑)。

Aira:
鉄道で宇宙に帰るというコンセプトなのですが、本当はガンダムみたいなロボットで帰りたかったんですよ! そこらへんは経費削減で(笑)。自分の中でクリアしなくてはならない問題があるので、しばらく放浪の旅にでも出ようかと思っています(笑)。

ガイド:
不躾な質問と分かって訊きますが、休止に至った理由は? 自らの気持ちの変化から来るもの、それとも状況としてそうなってしまったの?

Aira:
一番はタイミングですかね。でも、飽き性で不安定な私が6年以上続けてこれたのが、自分でもすごいと思います。それだけ情熱もあったからだと思います。

ガイド:
この6年間を振り返って、自分の中で一番やっていてよかったと思えた瞬間は?

Aira:
Shibuya O-EASTでワンマンライヴが出来たのも、SUMMER SONICに出れたのもうれしかったです! だけど、1回1回のライヴにファンのみんなが会いに来てくれることがすごくうれしくて、ファンに出会えたことが一番の幸せです。

ガイド:
逆に一番辛かった事は?

Aira:
活動において辛いことはなかったです。デビュー当日に肺に穴が空いてイベントをやっていたのも今では良い思い出になっています(笑)。

 


制作序盤で休止が決まりました

ガイド:
illbeback

I'LL BE BACK

では、アルバム『I’LL BE BACK』について。活動休止と聞いた後、新作アルバムの発表も6月30日に同時に行われました。休止とリリースを同時に発表するのは、Airaちゃんらしいと感じました。そして、意味深なタイトル。確かに、このタイトルで休止を発表していなければ、知らないうちにどこに行くの(?)って感じで、混乱します。という事は、製作中から、休止は決めていた? それとも、休止を決めてから、タイトルが後で付いたの?

I’LL BE BACK
(Amazon.co.jp)

 

Aira:
制作序盤で休止が決まりました。なので、活動休止前最後の作品としてどうケジメというか、どうゆうフィナーレにしようかなってゆうのは悩みましたね。

コンセプトは考えていません

ガイド:
今回のアルバムでは、「Hound Dog」と「Interude」以外は、全てAiraちゃんによる作詞ですね。「Mysteric」が始まる楽曲群には、未来と宇宙が感じられますが、最初からそのようなコンセプトで作詞をしていったのですか? 

Aira:
コンセプトは考えていません。曲を聴いて思ったこと、その時に感じたことを素直に歌詞にするのが好きでコンセプトを決めずに書くので言い回しが違ってもどの曲も結果同じことを歌ってる場合とかありますね(笑)。

ガイド:
airamitsuki

Aira Mitsuki (I'LL BE BACK)

ジャケのAiraちゃんは、グーサインで「大丈夫!」って感じの表情が伝わります。『6 FORCE』のイラストジャケと同じグーサイン。宇宙にちょっとの間帰るけど、心配しないでね!と解釈しています。

 

Aira:
タイトルの『I’LL BE BACK』を身体で表現しようということでグーサインをしてみました。映画『ターミネーター』でも最後のシーンでシュワちゃんがグーサインしてたようなしてないような(笑)。

 


意中の人は私に気付いてくれない

ガイド:
「twinkle twinkle」は、キラキラ系ハウスチューン。Airaちゃんの歌には陰と陽がありますが、こちらは陽が強い気がします。

Aira:
「twinkle twinkle」は噛み砕いて歌詞を分析すると、縄跳びとべない=失敗してしまうっていうことだったり、意中の人は私に気付いてくれない的なことを歌っています。どの曲にも陰と陽がある気がします。

ホルモン焼きに行った

ガイド:
「you know」と「I can fly」はCANDLESのtessyさんが作曲。CANDLESはAll Aboutテクノポップにも登場して頂いていますが、一緒にイベントなどもしてきたんですよね。どのようなきっかけで?

Aira:
liveatshibuyaglad

Live at Shibuya Glad (6/30/13)

一番最初は、DJイベントに遊びに行ったときにA-beeさんにCANDLESさんを紹介してもらったことがキッカケで仲良くなれた気がします。初対面で3人でホルモン焼きに行ったのを今でも覚えています(笑)。

 

「カラフル」は切なくなる曲

ガイド:
アルバムには、「Interude」が3箇所あります。「Interude #1」では、過去の曲も散りばめられていますね。Airaちゃんにとって、今まで一番個人的思い入れがある曲を3つ選べば、どれになりますか? ちなみに、僕の場合、「ロボットハニー」「サヨナラ TECHNOPOLiS」「サイエンス・ミュージック」。アルバムなら、『PLASTIC』ですね。

Aira:
わたしも『COPY』『PLASTIC』は特別思い入れのあるアルバムです。どの曲も全部思い入れがあるから難しいですけど「カラフル・トーキョーサウンズ・NO.9」は今聴くと、切なくなる曲ですね。

 


心の隙間を埋めたくて

ガイド:
「tell me」は、同じくAll Aboutに出て頂いたレコライドの佐々木喫茶さんらしいスピード感がある歌謡曲テイスト。作詞と作曲はどのような手順で作業していったのですか?

Aira:
先に作って頂いた曲があったのでそこに歌詞をつけました。ベタベタな日本語の歌詞をつけましたが、今でもそれで良かったのかどうなのか(笑)。「心の隙間を埋めたくて、埋められるものを見つけては失うを繰り返してしまうのはどうしてだろう?」というようなことを歌っています。

生まれる前に戻って、生まれないことにする

ガイド:
「time machine」を聴いていると、活動休止に至る心情みたいなものが少し伝わってくるのですが、考え過ぎですか? タイムマシンがあれば、いつの時点に行きたいですか?

Aira:
liveatshibuyaglad

Live at Shibuya Glad (6/30/13)

どの曲も心情は、現れてしまっているかと思います。タイムマシンがあったら、二つのうちのどっちがですね。生まれる前に戻って、生まれないことにする(笑)。もしくは、タイムマシンで過去に戻っても、今と同じ人生を辿るか。結局、今の人生を選ぶんじゃないかと思うと怖いけど(笑)。でも、戻れないからこそ悔いのない人生を生きれたらと思います。「time machine」でもタイムマシンはないから、今のこれからの瞬間に輝きを見つけてよって歌ってます。

 

答え方が非常に難しい質問

ガイド:
Terukadoさんをフィーチャリングした「Hound Dog」、Daft Punkへのオマージュも感じられるファンキーディスコ・チューン。これまで、デビューからTerukadoさんをプロデューサーとして一緒にやってこられましたが、Airaちゃんから見て、Terukadoさんってどんな人?

Aira:
答え方が非常に難しい質問ですね(笑)。良い意味ですごく挑戦的で、流行に敏感な人だとも思うし、でも石橋を叩いても渡らない的なところもあったりする慎重な人だとも思いますね。

今まで応援してくださった皆さんありがとうございました

ガイド:
既に第1回目は8月10日に行われましたが、「COUNTDOWN I'LL BE BACK CIRCUIT」が9月15日に始まります。そして、9月29日が休止前ラストライヴとなっちゃうんですね(泣)。ライヴにむけての心意気などがあれば、教えてください。

Aira:
最後の瞬間までファンのみんなとは想いを共有して一緒に楽しんでいければと思います。今まで応援してくださった皆さんありがとうございました。9月29日まで応援よろしくお願いします!

【関連記事】
Aira Mitsuki直撃インタヴュー
Aira Mitsuki 2nd Seasonインタヴュー
Aira MitsukiちゃんとSaori@destinyちゃんが合体!

【関連サイト】
Aira Mitsuki Official Web Site
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。