jQueryの簡単な書き方

まず、プログラムの勉強をはじめるときのお約束、「Hello World!」をjQueryで出力してみます。
<html>
<head>

<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.4.2/jquery.min.js"></script>

<script>
$(function(){
  $("#test").html("Hello World!")
});
</script>

<head>
<body>

<div id="test"></div>

</body>
</html>

Hello World!が表示されます。

Hello World!が表示されます。

このHTMLをブラウザで開くと、右のように「Hello World!」が表示されます。サンプルはここにあります。

このスクリプトで「Hello World!」を書き出しているのは、「$("#test").html("Hello World!")」の部分です。

$("#test") で、id名が「test」の要素を選択し、.html("Hello World!") で括弧内の文字をその要素へ出力しています。

"Hello World!" を"こんにちは、世界"に書き換えれば、その書き換えた文字が出力されます。HTMLタグも使えます。

その前の「<script src="http://ajax.googleapis.com....」の部分ですが、これは「jquery.min.js」という名前のjQueryファイルを読み込んでいます。

名前に「min」とついているのは、圧縮されて軽量にしたタイプのファイルのしるしです。