Q:ユニット名『アルトノイ』の由来をお聞かせください。

酒井>彼がいろいろ考えてくれて、たくさん候補が出てきたんですけど……。
島地>顔が四角いから“シカクイーズ”とか、“シカクイブラザーズ”とか、彼女が鎌倉在住だから“ザ・キャマクラス”とか……。ドイツにいる時考えていたんですけど、友達と一緒にあれこれ言っては盛り上がってました(笑)。
酒井>なかでも聞いた瞬間バシッときたのが、『アルトノイ』。ドイツ語でアルト=古い、ノイ=新しいの意味。響きもいいし、私もすごく気に入って。
島地>“ある”と“ない”。ちょっと日本語みたいなニュアンスも感じられる。
酒井>アルト=古典であって、私のやってきたクラシック・バレエに通じる。ノイ=新しいで、彼のコンテンポラリーというスタイルに重なる。二人で新しいものを模索して行こうという意味でもぴったりだなと。“島地くん、天才!”って思いましたね(笑)。いろいろ候補はあったけど、結局すんなり『アルトノイ』に落ち着いた感じです。

ph

   島地さん、酒井さん



Q:ユニットを結成しようというお話はいつ頃から出ていたのでしょう?

酒井>私たちのライフワークというか、その歳その歳で何か二人で一緒にやっていけたらいいなとずっと思っていたんです。そんな時、佐藤まいみさん(彩の国さいたま芸術劇場プロデューサー)から、“二人で新作をやってみない?”というお話しをいただいて、“やるやる!”と(笑)。
島地>願ったり叶ったりです(笑)。もともと特に目的がなくてもスタジオを借りて、二人でちょっと身体を動かしたりしていたので。僕はダンサーとして彼女のことをすごく尊敬していて、踊ることによって影響を受けたいというのがあったし……。
酒井>それは私も同じで、お互い学ぶものがたくさんある。彼はコンテンポラリーをやっていてインプロ(即興)のマスターだし、私はずっとクラシックをやってきた。それらを融合したら何ができるんだろうと。私は古典を、彼はコンテンポラリーを大事にしつつ、何か型にはまらないものが二人でできたらと。
島地>最終的な想いは二人とも同じで、古いも新しいもない場所に行き着きたいということ。
酒井>いいダンスであったり、いい作品であったり。お客さまに何かを感じてもらえるものを表現していけたらなと思っています。



Q:お二人は以前、一緒に作品を発表されていますね。

酒井>ユース・アメリカ・グランプリのガラで、一度デュオを踊っています。
島地>ファースト・コンタクトとしては大反省でした(笑)。二週間で作って、結局最後まで手探り状態のままだった。
酒井>あの時はとにかく時間がなくて、すごく慌ててたんです。あと、テクニックを詰め込みすぎちゃって……。
島地>あまりにテンパっていて、それを咀嚼する所までいかなかったというか。
酒井>彼が落ち込んじゃって、もう大変だったんですよ。踊り終わって袖に戻ったら、じっと体育座りしてるんです(笑)。“お疲れさま!”って言っても、“うーん……”って考え込んで、即反省に入ってて(笑)。
島地>お客さんに対して申し訳なくて。カーテンコールで舞台に出ても、ずっと落ち込んだ状態のままでした(笑)。今と比べると、あの時はやっぱりまだ深い場所で出会うところまで出来てなかったような気がします。本番で一緒に踊ったのはあれ一度きりだし、今回はどういう出会いになるのか楽しみにしています。

ph

ユース・アメリカ・グランプリで踊った『PSYCHE』  photo: 瀬戸秀美



Q:今回は共同振付とのことですが、クリエーションはどのように進めていますか?

酒井>基本的な振付は彼がして、バレエのステップだったり、何か変形させてみようという部分は私が意見を出したり……。
島地>曲をベースに、まず僕が振りを付ける感じですね。といってもいつも何か予定立てて決めてるわけではなく、音楽を流してみて、体感したことから作っています。バロメーターは彼女で、“やりたくない”というのが如実に出る。ダメ出しがスゴイんです(笑)。
酒井>そう?
島地>態度とか、呼吸にすぐに出るよ。
酒井>ホント? 子供みたいだね(笑)。
島地>だけどそこは、信じていいところなのかなって考えていて。妥協ではないけど、身体が乗る、乗らないという部分も含めてのクリエーションだと思うから。共有する時間があればあるほど、わかるものがあるというか。
酒井>島地くんにとっては、こういう作業は初めてだよね。彼は日頃即興が多いけど、今回はきちんと振りを付けているので。私はディティールをきちんと作って、沢山稽古をして……、っていうスタイルが好きなんです。この作品では私に付き合ってもらってる感じなので、彼にとってはいつもと勝手が違うかも。
島地>違いますね。どちらかというと、僕は声を使い演技をしたり、物を使ったりするのが好きなんですけど……。
酒井>だけど、アルトノイでは二人でしっかりと踊る、オーセンティックなコンテンポラリーをみせたくて。奇をてらうというよりは、二人の空間、二人の波長を大切にした踊りを披露したいと思ってるんです。
島地>ああでもないこうでもないって、毎日同じことを何度も自問してますね。
酒井>でも同じことを繰り返していても、絶対に毎日違う。同じものだけど、どんどん進化するから、決して同じことの繰り返しじゃない。そこで出来上がっていくものはすごく楽しいと思うし、私はそれを彼とやりたいという気持ちがあって……。だけど彼は、同じことをするのがイヤなタイプ。何か新しいもの、何か違うものを探すのが彼の仕事なんですよね。私がやりたいことは、ちょっと職人的。そういう意味で、今回は私が引っ張ってる部分があると思う。
島地>引っ張られてますね(笑)。ただ演出という意味では、結構シュールになると思います。アルトノイならではのファンタジーは欲しいと考えているので。
酒井>彼はシュールなもの、裏をかいたり、ねじれたものが好き。それも取り入れつつ、時には二人で即興してみたり……。実際、作品の中で即興する部分があるので、そこは三公演とも違うものになるはずです。
島地>二人で一緒にやってみて、普段ひとりだったらやらないだろうなっていうことが起きてくるのが面白い。今回は、僕ひとりの作品だったら絶対やらないことが盛りだくさん。それがある種の挑戦ですね。なかにはスキキライもあったりするけど、そういうのも壊していく方がいいんじゃないかなと思っていて。
酒井>ジャンルは違っても、最終的には身体が先生になる。すべてのセンセーションがちゃんとつながって働けているのかを身体に聞くんです。あと、美しさ。歪んだ姿でも、美しく歪んでるのか。意識が使われているのか。そういう所に理想ってやっぱりあるので。
島地>クラシックでもコンテでも、ジャンルに関係なくあるダンスというものの理想だよね。
酒井>ただキレイなだけというのも意味がなくて、魂がどういう風に動いているのか、それが正しく美しいか。二人の空間的なもの、察知してるもののアンテナが正しく働いているかどうかも大切。やっぱりひとりではなく二人であるというのが大事であって、どれだけ共有していてどれだけつながっている中で踊れているかが大切なんだと思います。



Q:楽曲は蓮沼執太さんによるオリジナル曲を使用するそうですね。

島地>僕のHPを作ってくれている方が蓮沼さんのHPも作っていて、彼を紹介してくれたのが最初のきっかけでした。ある時アサヒ・アートスクエアで彼のインスタレーションをやっていたので、そこへ観に行って……。
酒井>即興で踊らせてもらったんだよね。蓮沼さんも“どうぞどうぞ、やってみて!”と、快く言ってくださって。
島地>蓮沼さんは、すごく機転がきくひと。音楽家って自分のポリシーがあって、なかなか譲らなかったりしますよね。もちろん彼もポリシーはあるんだろうけど、絶対に“ノー”って言わないんです。
酒井>あれはスゴイなって思いますね。“そういうことは出来ない”なんて絶対に言わないし、本当に素晴らしいなと。
島地>ひととやる時に“出来ない”と言わないというのは、彼のルールみたいですね。
酒井>本当にいろんな引き出しを持っていて、島地くんが口にする漠然としたニュアンスから、“こうかな?”っていうものを出してくれる。いつもたくさん提案してくれて、“また作ったよ!”と言っては持って来てくれるんです。
島地>そのスピードがまた妙に早い(笑)。
酒井>とても賢い方だよね。計算された作品をつくるけど、アートの部分がものすごくいいバランスで入ってる。
島地>今回彼にはグラン・パ・ド・ドゥ形式というのを大きな決め事として、曲を作ってもらうようお願いしました。アダジオがあって、お互いのソロがあって、バリエーション、コーダがある。音源はピアノが多いですね。最初はピアノ+電子音楽でと考えてたけど、やっぱり彼が生で弾いたものを使いたいなと思って。
酒井>生身の人間が弾いてるピアノの音の方が、すごくしっくりくる気がしたんです。温かみがあるというか、有機的というか。音と音の間に、生の隙間ができる。身体のフィジカルなリズムが出やすい感じがします。
島地>彼は音楽を始めたのが二十歳くらいで、本当に独学なんですよね。家にピアノがあって弾くことはできたけど、自分はプレイヤーではなく作曲の人間だって言ってる。それでいて改めて古典を学んでいるから、温故知新というか、両方の要素を持っている。
酒井>蓮沼さんの音楽って、根底にあるのがとってもポジティブだなって感じます。ドーンと重いのではなく、希望があるというか、すごく心地良いんです。
島地>フレーズが馴染むんだよね。多分複雑なことをしてるとは思うんだけど、どこか童謡みたいな馴染み方があるような気がします。

ph

                                                        photo: Toshi Hirakawa



Q:アルトノイとして一緒に踊ってみて、改めて感じたお互いの魅力とは?

島地>彼女はリハーサルでも、毎回毎回何かを見せてくれる。一回一回入魂ですね。入魂以外の時はグダーッてなってたりするけど(笑)、それがあるから舞台の上でああいう状態になれるんだろうなと思う。あと踊りだけではなく、ひとへの気配りだったり、プリマとしての在り方というものを感じます。自分だけが良ければというのではなく、周りを引っ張ってる。本当の踊りができるひとだなと思っていて……。でも、それだけじゃない所もあるのがアルトノイ。彼女もここでは普段言えないことを言うだろうし、僕も堪える部分がいろいろ出てくる。その反面、お互い甘えちゃう部分もあったりするし。
酒井>それもお互いわかりつつやってるからね。夫婦だからできることもあっていいと思う。
島地>夫婦にしかできないもの、家族でしか出せないもの。
酒井>性格も違うし、ズレがあって、だからこそ面白い。
島地>でも根本的に、どこか似てるんだろうなとは思う。例えば、おっとり感とか……。あと彼女の場合は、すごく優しい。けど、強い(笑)。
酒井>寅年だしね(笑)。
島地>意志がハッキリしてるし、やりたいことはやるし、人を巻き込む。でも、いい意味でね(笑)。
酒井>彼は、すごく変わり者(笑)。やっぱり普通の感性ではないですよね。アーティストの部分が大きいので、日々の出来事の中で気付くものが普通じゃないし、すごく面白いんです。ただそれを私も面白く感じられるので、一緒にいられるんだと思うんですけど。
島地>何かを見て笑う所が一緒だったり、気付くものが同じだったり。それに一緒にいるから、だんだん同じことを言うようになってきて。最近は、口グセも一緒になってるよね(笑)。



Q:島地さんはフランクフルト在住で、酒井さんは鎌倉在住ですね。一年の内、一緒に過ごせる時間はどれくらいですか?

島地>一緒にいられるのは、一年でたいてい3~4カ月かな。
酒井>ヨーロッパのカンパニーだから、休みが結構あるんです。
島地>フォーサイス・カンパニーは、ヨーロッパの他のカンパニーよりもやや休みが多いんです。あと、離れている時は、メールやスカイプで連絡を取り合ったり……。
酒井>メールはとにかくたくさんしています。“この料理が美味しかったよ!”とか、写真もいろいろ添えて。
島地>よく爪の写真を送ってくるよね。
酒井>“こんなネイルにしたよ!”って。
島地>“スゴイ色だね……”、なんて言ったりして(笑)。
酒井>スカイプでよく話もするよね。時差が8時間あるから、急用がある時は大変なんですけど。
島地>何か舞台に取り組んでいる時は、彼女はもうその話ばかり。例えば『白鳥の湖』をやってる時は、何千回って白鳥の話を聞かされて(笑)。あのリフトができないとか、あぁだこうだと延々三時間くらい話してる。しかも僕、外にいるんですよ(笑)。
酒井>そうだったんだ。気付いてなかった(笑)。
島地>でもそうやって話を聞いてる内に、僕もだんだんバレエを観る機会が多くなって。
酒井>バレエが上手くなったよね。
島地>やっぱり発見があるからね。
酒井>バレエの組み立てられ方って本当に理に叶ってて、そのシステムをきちんと持ってるといいと思う。やっぱりバレエって、よくできてるから。
島地>こう使うとこうなるとか、仕組みがすごく面白い。身体の中を使ってるのと使っていないのでは、形や発するものが全然違う。
酒井>それでいて、きちんと角度に入ると本当に美しいフォルムになる。今回のクリエーションでは、まず最初に『白鳥の湖』のグラン・パ・ド・ドゥを二人でやってみたんです。作品には直接反映はしないけど、私と踊るということで、古典も練習してみたいと彼が言うので……。
島地>いや、あれはムリでした(笑)。数日やって、出来ないって実感しましたね。何より、『白鳥の湖』に対して申し訳なかったと反省しています(笑)。

ph

                                                     photo: Dominik Mentzos



Q:稽古場以外でも、ダンスについてお二人で話すことはありますか? 仕事もプラベートも一緒で、ケンカになることはない?

酒井>ダンスの話はよくしますね。一緒に舞台を観たりもするし。
島地>身体の使い方についてもよく話してる。僕が彼女から習ったり……。でも、ケンカはないかな。
酒井>彼はフォーサイス・カンパニーが拠点で、日本にいる方が短いじゃないですか。この期間の中で何とかしなければっていうリミットがいろいろあるので、ケンカする暇もないというか。
島地>考えてみたら、日本にいる時の方が忙しくて。日本には休みに来てない感じ。
酒井>何だかいつも慌ててるよね。
島地>フランクフルトの生活はメリハリがしっかりしてて、休む時はきちんと休めるし、落ち着いていろいろ探すっていう作業ができる。でも日本にいると四六時中アイデア探しをしたり、考えてたり。ドイツでは、好きなものを流行廃りなくずっと好きでいられるけど、日本だとあれこれ情報が多過ぎちゃう。そこは、なるべく見ないようにしてるんですけど……。
酒井>でも、どんなに忙しくてもケンカはないよね。彼はすごく優しいので、多分グッと堪えてるのではと(笑)。
島地>きっといつか爆発するよ。今はマグマが渦巻いてる最中かも(笑)。


Q:アルトノイとしての活動は、今後も続けていかれるのでしょうか?

酒井>今回生まれたばかりということで、末永く続けられたらと思っています(笑)。
島地>純粋な踊りをしたいというのが、もともとの僕たちの想い。ただ、踊る。それって多分、一番難しいことだと思うんですけど。
酒井>作品としての完成度はもちろんなんですけど、まずは原点でいたい。踊る喜び、踊ることによって感じること。踊りの部分、踊りで何ができるのかということ。お客さまが、“やっぱり踊りっていいな”って思っていただけるようなものをおみせできたらと。
島地>今の僕たちの、ほとばしる肉体を通してみせられたら。
酒井>私たちが今持ってる身体っていうのは、すごくいい時期だと思う。それを大事に駆使していきたい。そして、踊る喜びを感じていただけたらって思う。私自身、身体で表現する仕事をしてきて、踊れていることの幸せを感じてる。島地くんもまた、そういう部分をすごく持ってるひと。アルトノイでは、二人のそんな想いが伝わればいいなって、純粋に思っているんです。


取材協力:アーキタンツ

ph

  島地さん、酒井さん






プロフィール


島地保武
ph

島地保武 
photo: Toshi Hirakawa

日本大学芸術学部演劇学科演技コースに入学、加藤みや子に師事。山崎広太、上島雪夫、能美健志、鈴木稔、カルメン・ワーナー等の作品に参加した後、2004~2006年、金森穣率いるNoismに参加。2006年、ウィリアム・フォーサイス率いるドイツ・ フランクフルトのザ・フォーサイス・カンパニーに入団。以来、カンパニーの中心的メンバーとして活躍。また、日本での創作活動やワークショップにも精力的に取り組んでいる。本プロジェクトより、酒井はなとのユニット〈アルトノイ〉を始動。
〈アルトノイ〉公式サイト:http://www.altneu.jp/
島地保武公式サイト:http://www.shimaji.jp


酒井はな
ph

酒井はな 
photo: Toshi Hirakawa

クラシック・バレエを畑佐俊明に師事。14歳で牧阿佐美バレエ団公演でキューピッド役に抜擢され、一躍注目を浴びる。18歳で主役デビュー。以後、主な作品で主役を務める。新国立劇場バレエ団設立と同時に移籍、柿落とし公演で主役を務める。コンテンポラリー作品やミュージカルにも積極的に挑戦し、クラシックを越え類稀な存在感を示している。新国立劇場バレエ団名誉ダンサー。ユニット〈アルトノイ〉として、島地保武との共同創作を本格的に開始。






公演データ

dancetoday2013
ダブルビル
『関かおり 新作』『島地保武+酒井はな ユニット<アルトノイ>新作』

日時:2013年10月18日(金)19:30、10月19日(土)15:00、20日(日)15:00
一般4000円、学生2000円、メンバーズ3600円
会場: 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

演目: 『関かおり 新作』
振付・演出:関かおり
演出助手:矢吹唯
出演:荒悠平、岩渕貞太、後藤ゆう、菅彩夏、関かおり

『島地保武+酒井はな ユニット<アルトノイ>新作』
演出:島地保武
振付・出演:島地保武、酒井はな
音楽:蓮沼執太
衣裳:さとうみちよ(Gazaa)
チケット取扱い・問合せ:彩の国さいたま芸術劇場チケットセンター(0570-064-939)
http://www.saf.or.jp/(PC)
http://www.saf.or.jp/mobile/(携帯)



※ データは2013年9月1日現在のものです。
上記データは変更になる可能性があります。
詳細は公式HPでご確認ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。