60度以上の車内を早く冷やすためには……

 

 

停車中の夏場の車内は簡単に60度以上の高温になります。
シート、ダッシュボードなど、日光により熱くなったものはすぐには冷やせませんが
車内の空気の入れ替えは、原始的ですがエアコンの効きが早まるので有効的です。

■方法1
  • ドアの枚数にもよりますが、助手席の窓、後部助手席側の2か所全開
    (1か所でも可能)
  • 窓の閉まった反対側、運転席のドアを6回以上バタバタと開閉
    (手を挟まないように注意してください)
 
これで車内にこもった熱い空気が外にでていきます。

  • エンジンをON、窓を閉めてエアコン設定は「内気循環」にすることで、車外の空気ではなく車内の空気を循環して少しでも早く冷やすことができます。

■方法2
  • 車内を冷やす冷却スプレーを購入し噴射
強制的ですが、方法1と併用すると効果倍増
※ガスですので使用上の注意を確認ください

 

 


■温度をあげないための工夫
  • 日陰や、屋根のある場所に駐車
  • サンシェード、日よけをつける
  • 駐車中は1cmほど窓を開けておく(セキュリティの問題ありますが)
  • 断熱窓、UV・紫外線カットができる合法的なフィルムを貼る、または対策された最新車種を購入


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。