画像説明09

DDT8・18両国でオカダと対戦した飯伏幸太

馬場、猪木も知らない新しいファン層を開拓

この夏、ある意味で日本プロレス界の主役になったのは飯伏幸太であり、飯伏が所属する団体DDTでした。飯伏は新日本プロレスの真夏の最強決定戦G1クライマックスに初出場、優勝戦進出こそ果たせなかったものの、優勝した内藤哲也には公式リーグ戦で勝利。8月17日&18日のホームグラウンドのDDT両国国技館2連戦では、初日はゲイ・レスラーの男色ディーノ、2日目は新日本のIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカとメインで一騎打ちの大活躍を見せました。このDDTの興行は17日=8500人(超満員)、18日=9000人(超満員札止め)を動員。今、両国国技館を2日連続で満員にできるのは老舗の新日本とDDTだけでしょう。

でも「飯伏って誰?」「DDTって何?」と首を傾げるオールドファンも少なくないと思います。そこで今回は“文科系プロレス”というジャンルを確立したDDTにスポットを当ててみます。

DDT(ドラマティック・ドリーム・チーム)が誕生したのは16年前の1997年。昔のプロレス団体はジャイアント馬場の全日本か、アントニオ猪木の新日本から枝分かれして生まれるのが普通でしたが、DDTを立ち上げた選手兼社長の高木三四郎は屋台村プロレスの出身。つまりDDTは馬場の遺伝子も猪木の遺伝子も持たない団体なのです。無名の選手が創った団体ですから、最初はプロレス・マスコミも相手にしませんし、プロレスファンも興味を示しません。しかし大学時代に芝浦の有名ディスコ『ジュリアナ東京』などでイベントを仕掛けて成功させている高木は、渋谷のクラブなどで興行を開催してコギャルたちを動員するなどして「馬場や猪木は知らないけど、三四郎とDDTは知っている」というまったく新しいファン層を開拓していったのです。

いつしかDDTは普通のプロレスに飽きて新たな刺激を求めるマニアックなプロレスファンも取り込み、一般のプロレスファンにも浸透していきました。知名度のある選手がいないDDTがお客さんに集めることに成功したのは「あの団体は、観に行ったら絶対に面白いことがある」と思わせるための戦略を練り上げたことです。そこから生まれたのが“文化系プロレス”でした。従来のプロレスは当たり前のことですが、勝負が重視されました。しかしDDTはお笑いもあれば、ほっこりするドラマもあるというようなバラエティー色の強いプロレスを追求したのです。観客論に基づいた徹底的な作り込みと時代の一歩先を行く斬新なセンス。それが“文化系プロレス”です。そして高木はとにかく知恵を絞ってプロレスの持つ可能性を探り、面白いと思うことには何でもトライしました。

たとえば、プロレス界では「一流レスラーはホウキ相手でも試合ができる」と言われますが、DDTはプロレスラー対人形という試合を組んで本当にそれを実践しました。飯伏幸太とヨシヒコなる人形のシングルマッチは大きな話題になり、後楽園ホールを超満員にしました。

こうしたことを成立させるのは、もちろん選手の力量が重要です。飯伏にプロレスセンス的感性があったからこそプロレスラー対人形は成立したのです。04年にデビューした飯伏はキックボクシングの大会で優勝する格闘センスを持ち、小中学生時代にプロレスごっこであらゆる空中殺法をマスターした運動神経抜群の天才で、どこの団体に行ってもスターになれたはずですが「この団体だったら、すぐにデビューできそうだから」とDDTに入門したちょっと変わった天然キャラの若者です。

アイドルなど様々な異業種と積極的にコラボ

この飯伏が才能を発揮するのはリング上だけではありません。DDTは「プロレスはリングの上だけでなくてもやれるはず」という実験もやっています。選手たちがお小遣いで凶器になりそうなものを購入しながら戦う商店街プロレス、山や川を利用し、凶器としてロケット花火が飛び出すキャンプ場プロレスなども敢行。飯伏はそうした試合になると、嬉々として自動販売機の上からアスファルトの道路にダイビングしたり、川にムーンサルトプレスで飛び込んだりするのです。一見、バカげたことに真剣に取り組む、夢中になって楽しむ。そんなDDTのレスラーたちの大人げなさがファンのハートを掴んでいると言っていいでしょう。

DDTのプロレスを面白がるパワーは、09年7月には両国国技館に初進出するまでになりました。夏の両国を09~11年の3年連続で成功させると、昨年は日本武道館に初進出。今年は両国2連戦でした。DDTがプロレスファンだけでなく、大会場を満員にするだけのお客さんを取り込めるのは他業種との積極的なコラボレーションという戦略があるからです。

今年の両国も、初日は『DDT万博』と銘打ったアイドル、アーティスト、タレント、ファッション・ブランドとのコラボ興行でした。総合司会に南海キャンディーズの山里亮太を迎え、レスラーが自分が推しているアイドルをセコンドに付けて戦うコラボマッチが実現。おニャン子クラブで一世を風靡した昭和のアイドル新田恵利から御当地アイドルまでリングに登場しました。レスラーがファッション・ブランドのコスチュームをまとってファッション・ショーを行い、LiLiCoが特別リングアナウンサーを務め、坂口征夫のセコンドとして実弟で俳優の坂口憲二が登場。筋肉少女帯の生演奏で選手が入場するという豪華版の興行にはプロレスファン以外のお客さんが足を運びました。

「プロレスを世間に広めていくための大会としては理想の形になったと思います。参加してくれたアイドル、アーティストの人たちの誰もが自分の魅力を出せたと思うし、プロレスも霞んでいなかった。万博と名付けましたが、万博とが国力を示すイベントという意味では、DDTの力を世に知らしめることができた大会だったと思います」と高木三四郎は手応えを語っています。

そして2日目は純然たるプロレスで勝負。それでも“浪速のロッキー”こと元プロボクサーでタレントの赤井英和の愛娘・赤井沙希のプロレス・デビュー戦をプロデュースするなど、しっかりと世間に届く話題を提供しました。

ビッグマッチを成功させたDDTは9月29日に後楽園ホールで今年下半期から2015年初旬までの戦略発表会を行います。また8月24日~9月30日に毎年恒例のDDT48総選挙を行います。もちろんAKB48総選挙のパクリですが、両国ではアイドルたちを含めて117人が出場しており、今やDDTも大所帯。高木は「これは選手たちにとって大真面目な生き残りをかけた戦いになります」と目を光らせています。結果発表は10月2日の新宿FACE大会で行われ、上位20名が10月20日の後楽園ホール大会の本戦に出場、1位には賞金100万円とKO-D無差別級王座への挑戦権が与えられます。

常に貪欲に、前向きに、大人げなくプロレスの面白さを追求するDDTという空間をぜひ会場で体感してみてください!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。