スマッシュ練習のコツ

いくつかのポイントを念頭におきながら練習します。スマッシュは得点に直接結びつき、攻撃的かつ最も打球の速い打ち方です。

そのためいかにボールを十分に引き付けるか、インパクト前に肩・腰・腕の回転をいかに速められるか、が強化すべき大原則です。

これらを踏まえた上で、押さえるポイントは

  1. インパクトのタイミング
    力強いスマッシュを放つのに、打点の位置を正しく見極めることが重要です。スマッシュにおいて、それはバウンドしたボールの頂点(最高点)になります。
     
  2. 正しい姿勢と重心移動を意識して
    初心者はスマッシュを打つ際、とかく前のめりになりがちです。しかしこれではラケットに十分な力が伝わりません。

インパクト前は、(右利きの場合)左足に重心を傾けると同時に踏み込み、肩・腰・腕の一連の正しい動き・方向とその姿勢を意識します。

これらを意識して練習を繰り返すことでインパクトの力強さとスピード強化につながります。


有効な練習方法

有名なやり方として、二人一組で中陣からフォアハンドを打ち合う練習があります。

これはフォアハンドがスマッシュと、ボールを打つ姿勢や打球時の体の動きがほとんど同じで、より基本的な打法だからです。
つまりフォアハンドの強化練習がスマッシュ上達へとつながります。

その他、次のようなボールをスマッシュする練習も有効です。
  • 多球練習で高いボールに対して
  • 相手にドライブをブロックしてもらい、返ってきたボールに対して
  • 相手にロビングをしてもらい、それに対して


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。