毎日の服装にも影響する腕時計

 

 

腕時計を選ぶ際にデザインが好きかどうかはもちろん大きなポイントだとは思いますが、時計自体やフェイスの大きさと、全身や腕とのバランスを考えて選ぶのも大事だなと、この時計を購入した際に思いました。

華奢でもなくゴツすぎもしないベーシックな印象のこの時計はフィンランドのブランド・アーリッカのもの。値段はかなりリーズナブルで50ユーロちょっとでした。

当初は、木製のアクセサリーが人気のアーリッカらしい、ベルト部分が木でできている大きなフェイスの時計を買おうとしていたのですが、現地でつけてみると私の太い腕には似合わず、つけるとよけい腕が太く見える、全体のコーディネートのバランスが狂う、ということが判明。

フェイスも大きくベルトも大きめのウッドビーズだったので、手元にボリュームがですぎなんだなということに気づき、気を取り直して同じショップでみつけたのがこちら。

結局こだわったポイント&決め手は、全身とフェイスの大きさのバランスが良かったこと、腕の太さにも華奢すぎずゴツすぎないこの時計がマッチしたこと、文字盤もシンプルながらもほんの少しだけ変わったデザインで自分好み、ということで購入に至りました。フェミニンなテイストがあまり好きではないので、そこもポイントでしたね。以来5年、ほぼ毎日使用しています。

この時の経験もそうなのですが、おしゃれな人やまわりの友人を見ても、みんな時計自体やフェイスの大きさと、全身や腕とのバランスの良いものをつけているなと思います。華奢で小さな人で、大きな大きなフェイスの時計を身につけている人はまず見かけないですしね。

特に一番頻繁に使う時計は、毎日の服装にも影響しますし、バランスの良いコーディネートのためにもこのチェックポイントは大事かなと思います。

体に対して時計のフェイスの印象が大きすぎないか、または小さすぎないか。腕の太さに対して時計の華奢さ、ゴツさは違和感がないか、など。「腕時計全体やフェイスのサイズと、体・腕とのバランス」、時計選びの際には一度チェックしてみてはいかがでしょう。


■アーリッカ

HP:www.aarikka.com/fi/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。