着けた時に気分が上がることがポイント

 

 

腕時計の選びで拘ったポイント……改めて考えてみると自分でも気付かなかった事が見えてきますね。


■ROLEX オイスター パーペチュアル (45万円程度)
1番良く使う腕時計です。時計選びで1番拘ったのは、自分の好みの洋服やアクセサリーと相性が良く、着けた時に気分が上がるかどうかという事。外出時、いつも行動を共にする訳ですから、時間を見る度にちょっと嬉しくなるような時計を持っていたいと思いました。

この10年以上、90%以上の確率で外出時のパートナーとして選んでいるのがROLEXのオイスターパーペチュアル。デザインがシンプルな分、Tシャツ+デニムにも、スーツにも、ワンピースにも合わせられるオールマイティー感が気に入っています。

私はシルバーやプラチナ系のアクセサリーより、ゴールド系や色が入ったものが好みなのですが、この時計は文字盤もゴールド、ブレスの部分もコンビ=手持ちのアクセサリーに合わせやすいという事で、そこも高ポイントでした。

ROLEXというブランドへの信頼感もありました。故障や破損の際のアフターケアや、日々の動作の正確さなどもこの時計を選んだ理由の1つです。

夏の時期は手首が出ているので下の2つもたまに使います。

■エルメス ケリー ドゥブル・トゥール (15万円程度)
■青山の雑貨屋さんで購入したアンティーク風腕時計  (2000円程度)

 

 

 

 

エルメスは洋服やバッグにオレンジを使っていて、そこに合わせたい時や、比較的動く事が少ないシチュエーション(夕方からのお出かけ+ディナー等)で。

雑貨屋さんで購入したアンティーク風の時計は、ライブ等に行く時、ブレスレット代わりにカジュアルな服に合わせたりします。


着ける腕時計でその日の気分も変わってきたりしますので、基本のROLEXに加え、シチュエーションに合わせて時に違う腕時計を着けて気持ちを切り替えるのも拘りの1つです。


■オイスター パーペチュアル
メーカー:ROLEX 
価格:45万円程度
購入可能場所:ROLEX取扱店
HP:www.rolex.com/ja/watches/oyster-perpetual/m176200-0008.html


■ケリー ドゥブル・トゥール
メーカー:HERMES
価格:15万円程度
購入可能場所:HERMES店舗
HP:japan.hermes.com/

HERMES/エルメス タンデム
参考価格:
185,000円
ショップ:
ディノス オンラインショップ
※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。