思い切って、言葉も文化も空気も違う「慣れない場所」へ

昔からある方法ですが、「ひとり旅に出る」のは、未練を断ち切るには一番だと思います。
それも国内ではなく海外。

日本にいるとどうしても、目に入るもの、耳に入るものに触発されて彼のことを思い出してしまいがち。

まったく違う言葉や文化、風土、空気のなかにどっぷりと浸かると、まずは交通、食事、言語、身の安全などに注意を払わなければならないので、彼のことを思ってぼんやりするヒマがないのです。

また雄大な景色を観たり、優れた芸術品に触れたり、活気のある市場を訪れたりと、異国の情緒に出会うと、さまざまな感動や情報が頭の中に流れ込んでくるので、いままで大きなスペースをしめていた彼への想いがどんどん、小さくなってくるのも感じます。

自分で行き先をきめて観光したり、慣れない言葉に四苦八苦しながらレストランで注文したりと、忙しく頭を使って旅をしているといつのまにか、ふと「なんであんなに執着していたのかな」と振り切れる瞬間がきます。

異国の素敵な男性を観るのも、いい刺激になりますよ!

旅慣れた友人と海外旅行に行くとついつい頼ってしまい、頭がヒマになるので、あくまでもひとり旅がおすすめ。

治安の良い場所を選んで1週間ほど旅をすれば、日本に帰国して空港に降り立つ頃には彼に対する片思いの「執着」が、「懐かしい思い出」に変わっているのを実感できると思います。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。