【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

相手が傷つかないように断る方法

告白を断る人も、断られる人も悩んだり、傷ついたりしたりしてしまうのが事実です。
そこで、告白されたときになるべく相手が傷つかないように、断る方法をいくつか書きたいと思います。

■どんな人でも、「ありがとう」を忘れずに
相手が勇気を出して告白してくれたことに、感謝の言葉を伝えます。
また、感謝の言葉→断ると、少しでも傷つけることを減らします。

■「今の仲良くしている関係をこわしたくない」
仲良くしている人に告白されて断る場合は、仲の良い友達のままでいたいと、伝えた方が今後関係を断つことなく、断れます。

■「自分の一人の時間を大切にしたい」
お付き合いをすると、自分の時間が減ってしまうのは確かです。
仕事が忙しくて、自分の趣味や休みをしっかりとりたい人は、この言葉がお勧めです。

■「他に好きな人がいる」
自分に好きな人がいる上で告白されたときにきちんと自分の気持ちを伝える事が大切だと思います。
(私は、この方法を何回か体験しました。)

■「今は恋愛する気になれない」
過去の恋愛が理由や、プライベート、仕事の関係で忙しかったり
はっきりとその気になれない、ごめんなさいと伝えることです。


以上、いくつか告白の断り方を書きました。
仕事・プライベートで自分の心も変わってくると思います。
自分を守るのも、相手を傷つけない様にするのも、大切なことです。
相手の事を考えながら、はっきりと自分の気持ちを伝えると良いと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。